ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

ボーケンについて

TOP > ボーケンについて > ごあいさつ
Face to Face をモットーに、お客様のニーズに熱意と誠意でお答えします。

現代の日常生活では、国際化・グローバル化が急速に進み、ジャンルやカテゴリーを問わず、じつに多種多様な製品が市場に流通しています。このような状況を背景に、安全や安心を確保するための規格化や品質試験・検査は、ますます重要な課題になっています。

一般財団法人 ボーケン品質評価機構は、設立以来、長年におよぶ繊維の品質評価で培った知識・技術をベースに、現在では靴・バッグ・ベルト等の服飾雑貨、家具・インテリア・台所用品等の生活用品の品質試験・検査、吸水速乾性・UV遮蔽率・消臭・抗菌性等の新機能性、芳香族アミン、有害物質等の化学分析等の幅広い品質評価により、国民生活の安心と安全に寄与する事業を展開しています。その拠点は現在、日本国内4都市8拠点、海外13都市16拠点におよびます。

ボーケン品質評価機構の前身である「財団法人 日本紡績検査協会」は、1948年12月6日、糸・織物を輸出する際の検査を行う専門機関として設立され、後に当時の輸出検査法の指定検査機関となりました。以来、日本の高度経済成長と共に紡績業界の品質向上、更には繊維製品を始めとする生活用品・服飾雑貨品等の品質評価業務を通して、業界全体の健全な発展に貢献し、安全・安心を提供してまいりました。そして2011年4月1日、一般財団法人への移行を機に「一般財団法人 ボーケン品質評価機構」と名称変更いたしました。

私たちは、Face to Faceのコミュニケーションをモットーにして、お客様のニーズに熱意と誠意でお応えし、迅速に対応してゆくことが大切な使命であると考えています。「変革と挑戦」を合言葉に、"100年企業"を目指し、広く社会の期待に応え貢献するため、邁進する所存です。一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

理事長 堀場勇人