ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

学びたい・知りたい

TOP > 学びたい・知りたい > 表示の知識(衣料品) > No.1 衣料品の洗い方

公開日:2015.07.11/更新日:2016.06.22

No.1 衣料品の洗い方

注意表示の具体例 No.1 衣料品の洗い方

洗濯物は少なめに、弱水流で洗濯して下さい
洗濯機での洗濯禁止(解説参照)
必ず手洗いして下さい(解説参照)
必ず手洗いで、軽く押し洗い(解説参照)
(解説)上の3つについて洗濯機禁止と手洗いの併記が望ましい
漬け置き洗い
洗濯は漬けるだけ(力を入れない)
水洗いは風合い変化の原因になるので絶対にお避け下さい
水洗いは絶対にお避け下さい(いわゆるドライマーク洗剤による洗濯を含む)
単独洗い
はじめのうちは毛羽抜けするので単独で洗ってください
色落ちするので他のものと一緒に洗わないこと
色物は白物と別に洗ってください
洗濯ネットを使用してください
洗濯の際は引っ掛かりに注意してください
~を取り外して洗う
~に注意して手洗いしてください
つまみ洗い禁止
もみ洗いは避けてください
ブラシ洗いは避けてください
マジックテープは閉じて洗う
~は裏返し、ネット使用
漬け置き禁止(解説参照)
洗濯後すぐに脱水して干してください(解説参照)
 (解説)上の3つを併記するのがよい
 (例)「洗濯のとき長時間水に漬けず洗濯後すぐに脱水して干してください」
蛍光増白剤の入ってない洗剤を使用してください
蛍光剤配合洗剤の使用禁止
生成及び淡色のものは無蛍光の洗剤を使用してください
必ず中性洗剤を使用してください
すすぎは十分に
長時間の流水すすぎをしないでください
水洗いで△%程度縮むので、大き目のサイズをお選びください
洗濯で若干縮むため、すそ上げは長めにしてください
この製品は洗濯時の生地の収縮を考慮して表示寸法より大きめに作られています
水洗いで若干縮むので、脱水後又はアイロン掛けで伸ばしてください(解説参照)
水洗いで縮むことがありますが、脱水後に手で伸ばして戻せます(解説参照)
 (解説) 上の2つについて「生地の性質上縮むことがあります」だけでは不明瞭

関連記事

  • ● No.6 衣類等の取扱い
    (記事一部抜粋)
     注意表示の具体例 No.6 衣類等の取扱い 汚れた時は洗わず、絞ったタオル等で拭き取ってください 汚れはぬるま湯又は石けん水で拭いてください 革の汚れは皮革専用クリーナーで落としてください しみ抜きは...
  • ● No.1 衣料品の洗い方
    (記事一部抜粋)
     注意表示の具体例 No.1 衣料品の洗い方 水洗いは絶対にお避け下さい(いわゆるドライマーク洗剤による洗濯を含む) 単独洗い はじめのうちは毛羽抜けするので単独で洗ってください 色落ちするので他のもの...
  • ● No.7 保管方法・加工
    (記事一部抜粋)
     注意表示の具体例 No.7 保管方法・加工 保管方法 日に当たらない場所に保管 光で色あせることがあるので、屋外での長時間着用は避けてください 湿気を避けて保管 保管はハンガー掛け禁止 ハンガー掛けで...