ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

学びたい・知りたい

TOP > 学びたい・知りたい > 表示の知識(衣料品)改正後 > 乾燥処理

公開日:2017.08.23/更新日:2017.09. 6

乾燥処理

乾燥処理

タンブル乾燥処理

正方形に内接円のある記号は、洗濯処理後のタンブル乾燥処理を表す。ただし、商業クリーニングにおけるタンブル乾燥処理には適用しない。

記号番号 記号 タンブル乾燥処理
320 乾燥記号 洗濯処理後のタンブル乾燥処理ができる。
高温乾燥:排気温度の上限は最高80℃
310 乾燥記号 洗濯処理後のタンブル乾燥処理ができる。
低温乾燥:排気温度の上限は最高60℃
300 乾燥記号 洗濯処理後のタンブル乾燥処理はできない。
【付加記号の説明】
・記号内の・又は・・(ドット)の数は、排気の上限設定温度を表す。
・記号に重ね書きした×印は禁止を表す。

自然乾燥処理

正方形の内部に線のある記号は、線の方向と本数とによって洗濯処理後の自然乾燥処理の方法を表し、次による。

  • 縦の一本線は、脱水を行った後のつり干し乾燥を表す。
  • 縦の二本線は、脱水を行わないぬれつり干し乾燥を表す。
  • 横の一本線は、脱水を行った後の平干し乾燥を表す。
  • 横の二本線は、脱水を行わないぬれ平干し乾燥を表す。
  • 斜め一本線は、日陰干しを表す。下表の記号番号の440、430,420及び410の記号と組み合わせて用いる。
記号番号 記号 自然乾燥処理
440 乾燥記号 つり干し乾燥がよい
445 乾燥記号 日陰でのつり干し乾燥がよい
430 乾燥記号 ぬれつり干し乾燥がよい
435 乾燥記号 日陰でのぬれつり干し乾燥がよい
420 乾燥記号 平干し乾燥がよい
425 乾燥記号 日陰での平干し乾燥がよい
410 乾燥記号 ぬれ平干し乾燥がよい
415 乾燥記号 日陰でのぬれ平干し乾燥がよい
自然乾燥記号の乾燥方法は、JIS L 1930による。
トップへ

 

関連記事

  • ● 指定用語
    (記事一部抜粋)
     指定用語(表示規程第6条・別表第6) 繊維名を表示するときには、次の指定用語を使用しなければならない。 分類 繊維等の種類 指定用語 植物繊維 綿 綿 コットン COTTON 麻 亜麻 麻 亜麻 リネ...
  • ● 装飾付属別表示記号
    (記事一部抜粋)
     装飾付属別表示記号 この表は取外しができない装飾付属を部分的に使用した製品に用いる。そのため、アイロン記号は主素材に応じたものとなる。必要な場合には付記用語などで処理方法を提供すること。 表9 装飾付...
  • ● 表示方法
    (記事一部抜粋)
     表示方法 記号の適用 ・ 記号は、直接製品に記載するか、又はラベル(縫い付けラベルなど)に記載する。 ・ ラベルは、少なくともラベルを付ける繊維製品と同程度の家庭洗濯処理及び商業クリーニング処理に耐え...