ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

学びたい・知りたい

TOP > 学びたい・知りたい > 表示の知識(衣料品)改正後 > 取扱い表示記号に直接関連する付記用語例

公開日:2017.08.29/更新日:2017.09. 6

取扱い表示記号に直接関連する付記用語例

取扱い表示記号に直接関連する付記用語例

適用 用語
洗濯機洗いで「形くずれ」やセーター類、レースなど装飾の「引っ掛かり」などが発生し易いもの 洗濯ネット使用
クリーニングネット使用
モール糸、スパンコール、ラインストーンなどの装飾がされた製品 裏返して洗濯ネット使用
水洗いで移染し易いもの(インディゴ製品、濃色品など) 単独洗い
濃色品は他の物に色移りする恐れが有りますので、他の物と分けて洗って下さい。
セルロース系繊維の生成りや淡色の製品で、蛍光増白剤の使用により変色するもの 無蛍光洗剤使用
毛、絹、羽毛、アセテート、トリアセテート、金属繊維、金属糸などを使用した製品 中性洗剤使用
縫目滑脱(スリップ)しやすい生地 柔軟剤の使用禁止

洗濯処理の記号洗濯記号で、特定の洗い方を指示又は禁止したい場合

振り洗い
つかみ洗い
押し洗い
もみ洗い禁止
水洗い及びドライクリーニング、ウエットクリーニング禁止表示製品 洗濯は専門店に相談して下さい。
水系染色堅ろう度の弱い製品 長時間のつけ置き洗いはお避け下さい。
反応染料や直接染料を使用したセルロース系繊維 長時間の流水すすぎはお避け下さい。
オイルクロス、超高密度製品コーティング、ラミネート製品 すすぎは十分に行って下さい。
合成皮革、樹脂コーティング製品、中わた・ダウンプルーフ製品 遠心脱水はお避け下さい。
部分的な汚れの取り方を指示したい場合 汚れは水でふき取って下さい。
汚れはベンジンでふき取って下さい。
釦、ファスナー使用製品 釦は閉じて洗って下さい。
ファスナーは閉じて洗って下さい。
漂白処理の記号漂白記号を表示して、毛、絹、ダウンなどを使用した製品 液体酸素系漂白剤使用
デリケートな製品や絞るとシワになり易いもの 弱く絞る
移染し易い製品 他の製品に移染する恐れがありますので、洗濯後は直ちに干して下さい。
ニット製品などで形くずれし易いもの 形を整えてから干して下さい。
アイロン掛けによりアタルやテカリが出易いもの アイロンはあて布使用
表からアイロンが掛けられない製品で、裏からのアイロンを指示したい場合 アイロン記号を表示して)アイロンは裏側から〇温であてて下さい(〇印には高・中・低を表示)
ブラスリップ カップ部アイロン禁止
アイロンはスリップ部分のみ
別珍、コール天、凹凸柄の製品 スチームアイロンを浮かしながら整形して下さい。
プリントや装飾など特定の部分へのアイロンを禁止したい場合 プリント部分アイロン禁止
装飾部分アイロン禁止
バルキー製品など アイロンは軽くあてて下さい。
トップへ

関連記事

  • ● 指定用語
    (記事一部抜粋)
     指定用語(表示規程第6条・別表第6) 繊維名を表示するときには、次の指定用語を使用しなければならない。 分類 繊維等の種類 指定用語 植物繊維 綿 綿 コットン COTTON 麻 亜麻 麻 亜麻 リネ...
  • ● 装飾付属別表示記号
    (記事一部抜粋)
     装飾付属別表示記号 この表は取外しができない装飾付属を部分的に使用した製品に用いる。そのため、アイロン記号は主素材に応じたものとなる。必要な場合には付記用語などで処理方法を提供すること。 表9 装飾付...
  • ● 表示方法
    (記事一部抜粋)
     表示方法 記号の適用 ・ 記号は、直接製品に記載するか、又はラベル(縫い付けラベルなど)に記載する。 ・ ラベルは、少なくともラベルを付ける繊維製品と同程度の家庭洗濯処理及び商業クリーニング処理に耐え...