ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

学びたい・知りたい

TOP > 学びたい・知りたい > 表示の知識(衣料品)改正後 > No.6 衣類等の取扱い

公開日:2017.09. 6/更新日:2017.09. 6

No.6 衣類等の取扱い

注意表示の具体例 No.6 衣類等の取扱い

汚れた時は洗わず、絞ったタオル等で拭き取ってください
汚れはぬるま湯又は石けん水で拭いてください
革の汚れは皮革専用クリーナーで落としてください
しみ抜きは専門店に任せ、水に濡らしたり絞ったりしないでください
万一色移りした場合は早めに洗ってください
一度洗ってから使用してください
汗は水洗いで速やかに除去
汗で変色することがあるので、着用後は早めに洗濯して下さい
濡れた状態での放置禁止
水・汗で濡れたまま放置しないでください
染色が汗に弱いので、運動などをさけ、汗をかいた時はすぐ洗濯してください
雨などに当たると光沢がなくなったり輪じみになることがあるので、ご注意ください
強い摩擦での穴あきに注意
引っ掛けに注意
~糸の引っ掛けに注意
摩擦や引っ掛けに注意
ストーブ等の火や熱に注意
炎に近づくと毛羽に着火することがあるので注意してください
特性上、毛羽が抜けることがあります
最初のうちは多少毛羽が落ちます
摩擦で毛玉ができやすいので、激しい運動や長期の連用はお避け下さい
素材の性質上摩擦で他のものに色移りすることがあります
白物・淡色衣料との重ね着はお避け下さい
濡れた状態で着用すると摩擦等で他の物に色移りすることがあります
~染めのため、繰返し洗濯でだんだん色が薄くなります
プール水中の塩素で色落ちしやすいので使用後は早めに水洗いして下さい
トップへ

関連記事

  • ● 指定用語
    (記事一部抜粋)
     指定用語(表示規程第6条・別表第6) 繊維名を表示するときには、次の指定用語を使用しなければならない。 分類 繊維等の種類 指定用語 植物繊維 綿 綿 コットン COTTON 麻 亜麻 麻 亜麻 リネ...
  • ● 装飾付属別表示記号
    (記事一部抜粋)
     装飾付属別表示記号 この表は取外しができない装飾付属を部分的に使用した製品に用いる。そのため、アイロン記号は主素材に応じたものとなる。必要な場合には付記用語などで処理方法を提供すること。 表9 装飾付...
  • ● 表示方法
    (記事一部抜粋)
     表示方法 記号の適用 ・ 記号は、直接製品に記載するか、又はラベル(縫い付けラベルなど)に記載する。 ・ ラベルは、少なくともラベルを付ける繊維製品と同程度の家庭洗濯処理及び商業クリーニング処理に耐え...