ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

学びたい・知りたい

TOP > 学びたい・知りたい > 表示の知識(衣料品)改正後 > プリント製品のアイロン表示について

公開日:2017.09. 6/更新日:2017.09. 6

プリント製品のアイロン表示について

プリント付きのトレーナーにアイロン表示を付けたいのですが、どのように表示すれば良いですか?

トレーナーのプリントには、顔料プリント、ラバープリント、発泡プリントなどがあります。


顔料プリントの場合
  製品の素材に合わせたアイロン表示を行う。
ラバープリント、発泡プリントの場合
  基本的にアイロン表示は不可です。
ただし、最近のラバープリントについては中温あて布程度であればアイロン可能であるものもあるため、中温あて布で異常が認められない場合は表示が可能です。
また、部分的なプリントの時は、素材に合わせたアイロン表示をし、
「プリント部分アイロン禁止」などの付記用語を付けることが望ましいです。

(例)トレーナー(綿100%、袖部分にラバープリント)の取扱い絵表示

〔141〕 〔200〕 〔300〕 〔445〕 〔530〕 〔600〕

・プリント部分のアイロンはお避け下さい。
・アイロンはあて布使用

参 考

顔料プリント

微粒子化した顔料を合成樹脂バインダー(接着剤)によって、繊維表面に固着させて着色する。摩擦堅ろう度が低く、風合いが硬くなるという欠点がある。Tシャツや、トレーナー等のワンポイント捺染に用いられることが多い。

ラバープリント

伸縮性のある素材にも追随してひび割れずに伸び縮みするプリントで、弾力性のあるバインダー(接着剤)を使っている。

発泡プリント

泡を使って立体的なプリントを作る方法で、バインダー(接着剤)と発泡剤の入った樹脂をプリントし、熱によって膨らませる。


トップへ

関連記事

  • ● 指定用語
    (記事一部抜粋)
     指定用語(表示規程第6条・別表第6) 繊維名を表示するときには、次の指定用語を使用しなければならない。 分類 繊維等の種類 指定用語 植物繊維 綿 綿 コットン COTTON 麻 亜麻 麻 亜麻 リネ...
  • ● 装飾付属別表示記号
    (記事一部抜粋)
     装飾付属別表示記号 この表は取外しができない装飾付属を部分的に使用した製品に用いる。そのため、アイロン記号は主素材に応じたものとなる。必要な場合には付記用語などで処理方法を提供すること。 表9 装飾付...
  • ● 表示方法
    (記事一部抜粋)
     表示方法 記号の適用 ・ 記号は、直接製品に記載するか、又はラベル(縫い付けラベルなど)に記載する。 ・ ラベルは、少なくともラベルを付ける繊維製品と同程度の家庭洗濯処理及び商業クリーニング処理に耐え...