ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

学びたい・知りたい

TOP > 学びたい・知りたい > 表示の知識(衣料品)改正後 > 裏からのアイロン掛けの表示について

公開日:2017.09. 6/更新日:2017.09. 7

裏からのアイロン掛けの表示について

表面からアイロンを掛けられない商品で、裏面からならアイロン掛けが出来る場合は、どのような表示が適切なのでしょうか?

原則①の表示を推奨します。

②は付記用語で「裏から」と表示していても表面をアイロン掛けする恐れがあるため、極力、①と表示することを推奨します。
※②の表示をしていても、不適正ではありませんが、あまり推奨はできません。
なお、③は裏から当てるアイロンの温度がわからないことから、不適正になります。

トップへ

関連記事

  • ● 指定用語
    (記事一部抜粋)
     指定用語(表示規程第6条・別表第6) 繊維名を表示するときには、次の指定用語を使用しなければならない。 分類 繊維等の種類 指定用語 植物繊維 綿 綿 コットン COTTON 麻 亜麻 麻 亜麻 リネ...
  • ● 装飾付属別表示記号
    (記事一部抜粋)
     装飾付属別表示記号 この表は取外しができない装飾付属を部分的に使用した製品に用いる。そのため、アイロン記号は主素材に応じたものとなる。必要な場合には付記用語などで処理方法を提供すること。 表9 装飾付...
  • ● 表示方法
    (記事一部抜粋)
     表示方法 記号の適用 ・ 記号は、直接製品に記載するか、又はラベル(縫い付けラベルなど)に記載する。 ・ ラベルは、少なくともラベルを付ける繊維製品と同程度の家庭洗濯処理及び商業クリーニング処理に耐え...