ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

学びたい・知りたい

TOP > 学びたい・知りたい > 表示の知識(衣料品)改正後 > 対象品目一覧表

公開日:2017.08.21/更新日:2017.09. 6

対象品目一覧表

家庭用品品質表示法では、現在、繊維製品について次の38品目が家庭用品として定められている。
繊維製品の表示事項としては「繊維の組成」、「家庭洗濯等取扱い方法(取扱い絵表示)」及び「はっ水性」の3項目が規定されている。

対象品目一覧表

品目 表示事項
繊維の組成 家庭洗濯等取扱方法 はっ水性
1 糸(※1)
2 織物、ニット生地及びレース生地(上記1に掲げる糸を製品の全部又は一部に使用して製造したものに限る。)
3






2
コート 特定織物(※3)のみを表生地に使用した和装用のもの
(※4)

(※5)
その他のもの
(※4)

(※5)
セーター
シャツ
ズボン
水着
ドレス及びホームドレス
ブラウス
スカート
事務服及び作業服
上衣
(※4)
子ども用オーバーオール及びロンパース
下着 繊維の種類が1種類のもの なせん加工品
その他のもの
特定織物(※3)のみを表生地に使用した和装用のもの
その他のもの
3






3
寝衣
羽織及び着物 特定織物(※3)のみを表生地に使用した和装用のもの
その他のもの
靴下
手袋
足袋
帽子
ハンカチ
マフラー、スカーフ及びショール
風呂敷
エプロン及びかっぽう着
ネクタイ
羽織ひも及び帯締め
床敷物
毛布(パイルのあるものに限る)
膝掛け
上掛け(タオル製のものに限る)
布団カバー
敷布
布団
カーテン
テーブル掛け
タオル及び手拭い
ベッドスプレッド、毛布カバー及び枕カバー
(注) 組成表示欄の◎印品目は表生地及び裏生地を、〇印品目は表生地のみを、△印はそれを組成する繊維を表示する。
但し、足袋は表地、表底地及び甲裏地を、床敷物はパイル糸のみを、布団は側生地と詰物を表示する。上衣又はコートのうち、詰物を使用しているものについては、表生地、裏生地及び詰物(ポケット口、肘、衿等の一部に衣服の形状を整えるための副資材として使用されているものを除く)を組成する繊維。
※1. 糸の全部又は一部が綿、麻(亜麻及び苧麻に限る)毛、絹、ビスコース繊維、銅アンモニア繊維、アセテート繊維、ナイロン繊維、ポリエステル系合成繊維、ポリウレタン系合成繊維、ガラス繊維、ポリエチレン系合成繊維、ビニロン繊維、ポリ塩化ビニリデン系合成繊維、ポリ塩化ビニル系合成繊維、ポリアクリルニトリル系合成繊維、ポリプロピレン系合成繊維であるものに限る。
※2. 1に掲げる糸や2に掲げる織物、ニット生地又はレース生地を製品の全部又は一部に使用して製造し又は加工した繊維製品(電気加熱式のものを除く)に限る。
※3. 「特定織物」とは、組成繊維中における絹の混用率が50%以上の織物又はたて糸若しくはよこ糸の組成繊維が絹のみの織物をいう。
※4. 詰物を使用しているものについては、表生地、裏生地及び詰物(ポケット口、肘、衿等の一部に衣服の形状を整えるための副資材として使用されている物を除く)を表示する。
※5. 「はっ水性」の表示は、レインコート等はっ水性を必要とするコート以外の場合は必ずしも表示する必要はない。
トップへ

関連記事

  • ● 指定用語
    (記事一部抜粋)
     指定用語(表示規程第6条・別表第6) 繊維名を表示するときには、次の指定用語を使用しなければならない。 分類 繊維等の種類 指定用語 植物繊維 綿 綿 コットン COTTON 麻 亜麻 麻 亜麻 リネ...
  • ● 装飾付属別表示記号
    (記事一部抜粋)
     装飾付属別表示記号 この表は取外しができない装飾付属を部分的に使用した製品に用いる。そのため、アイロン記号は主素材に応じたものとなる。必要な場合には付記用語などで処理方法を提供すること。 表9 装飾付...
  • ● 表示方法
    (記事一部抜粋)
     表示方法 記号の適用 ・ 記号は、直接製品に記載するか、又はラベル(縫い付けラベルなど)に記載する。 ・ ラベルは、少なくともラベルを付ける繊維製品と同程度の家庭洗濯処理及び商業クリーニング処理に耐え...