ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

学びたい・知りたい

TOP > 学びたい・知りたい > 繊維の知識 > ポリ乳酸繊維について

公開日:2015.07.11/更新日:2017.08.18

ポリ乳酸繊維について

別名「とうもろこし繊維」とも呼ばれ、とうもろこしを原料に乳酸菌による乳酸発酵を行って出来る乳酸を重合してポリ乳酸とし、繊維化して製造される。 石油等の化学原料由来の素材ではないために、使用後廃棄しても土中や水中の微生物の栄養源として利用され、最終的には水と炭酸ガス(CO2)に分解される地球にやさしいエコロジカルな繊維である。

製造方法

乳酸発酵を経て得られる乳酸を重合後、ポリ乳酸樹脂とし熱をかけて溶融させ繊維化する(溶融紡糸法)。同じく溶融紡糸で製造されるナイロン、ポリエステル等と同じ設備が使用可能だが、融点(約170℃)以下での温度管理が非常に重要である。

特 徴

1.人間の体内にも存在する乳酸を原料とするため、生体適合性のある安全な素材である。
2.ナイロンとポリエステルの中間のヤング率を示し、ソフトで清涼感のある風合いを持つ。
3.環境負荷が非常に小さい。土中に廃棄後、2年から3年で分解される。
4.ポリエステル、ナイロン等に比べ融点が低いので、アイロン等の取り扱いには注意を要する。

用 途

衣料用途としてTシャツやユニフォーム等、生活雑貨用途にも幅広く展開されている。
生分解性を利用した、農業用シートや園芸ネットなどにも利用されている。
ポリ乳酸の顕微鏡写真について
トップへ

関連記事

  • ● 半合成繊維 (アセテート・トリアセテート、プロミックス)について
    (記事一部抜粋)
     半合成繊維について 半合成繊維とは、セルロースやタンパク質の天然の高分子を主体として化学的に処理をして、繊維としたものをいいます。代表的な繊維として、木材パルプを主な原料としたアセテート、トリアセテー...
  • ● 再生繊維(レーヨン、ポリノジック、キュプラ、リヨセル)について
    (記事一部抜粋)
     再生繊維について 木材中のセルロースを取り出し、これを化学処理により一度溶解し、再び元のセルロースに作り直して繊維にしたものを再生繊維といいます。 なぜ「再生繊維」と呼ぶの? 原料は天然に存在する高分...
  • ● ナイロンについて
    (記事一部抜粋)
      合成繊維の中で最も早くに工業化され、米国では1936年から生産が始まり、我が国では1940年から東洋レーヨン(現 東レ)が研究を始め、テグス、漁網などの少量生産を経て1951年に本格生産を開始した。...