試験のご案内
透湿性試験

目的

生地がどれだけ湿気を通しやすいかを評価するために行う試験です。レインウェア等の製品では、外部からの水を通さない「防水性」と共に、肌からでる湿気を外に逃がす「透湿性」を持たせる事が、着用時の快適性につながります。


試験方法

「JIS L 1099繊維製品の透湿度試験方法」に基づいて試験を実施します。透湿性試験にはA法とB法の試験方法があります。A法は着用状態に近い環境での透湿度測定に適しており、B法は生地の最大透湿度を測定するのに適しています。


①A-1法(塩化カルシウム法)

一般的によく用いられる方法で、衣服内が多湿となる着用条件下で、乾燥した環境下での透湿度測定に適しています。透湿カップに吸湿剤(塩化カルシウム)を入れ、試験片の表側を吸湿剤側に向けて載せ、透湿カップにセットします。これを40℃、90%RHの恒温恒湿装置内に置き、1時間調湿後質量を量ります。再び同装置内に置き、1時間後質量を量ります。試料を通ってカップ内の吸湿剤に吸収された水蒸気の質量を計算し、透湿度(g/m2・h)を算出します。


②A-2法(ウォーター法)

衣服内が多湿となる着用条件下で、通常の外気環境下での透湿度測定に適しています。透湿カップに水を入れ、試験片の裏側を水側に向けて載せ、透湿カップにセットします。 これを40℃、50%RHの恒温恒湿装置内に置き、1時間後質量を量ります。再び同装置内に置き、1時間後質量を量ります。カップ内の水が蒸発して試料を通って カップの外に出た質量を計算し、透湿度(g/m2・h)を算出します。


【A法用透湿カップ】

vapour_permeability.1.jpg



③B-1法(酢酸カリウム法)

防水性のある生地の最大透湿度を測定するのに適しています。試験片の裏面を外側に向けて支持枠にセットします。これを水の入った水槽に浸るように固定し、15分以上放置します。透湿カップに吸湿剤(酢酸カリウム溶液)を入れ質量を量り、これを水槽に固定した試験片支持枠の中に置き、15分後質量を量ります。試料を通ってカップ内の吸湿剤に吸収された水蒸気の質量を計算し、透湿度(g/m2・h)を算出します。


④B-2法(酢酸カリウム法の別法)

防水性のない生地の最大透湿度を測定するのに適しています。補助フィルムで試験片の裏面を覆い、フィルムを外側に向けて支持枠に装着します。これを水の入った水槽に浸るように固定し、15分以上放置します。透湿カップに吸湿剤(酢酸カリウム溶液)を入れ質量を量り、これを水槽に固定した試験片支持枠の中に置き、15分後質量を量ります。試料を通ってカップ内の吸湿剤に吸収された水蒸気の質量を計算し、透湿度(g/m2・h)を算出します。

【B法用透湿カップ】

vapour_permeability.2.jpg


お問合せ先

06-6762-592006-6762-8163

大阪事業所 機能性試験室
〒540-0005 大阪市中央区上町1-18-15

お問合せはこちらから
試験のご案内
  • 衣料品・インテリア
  • 化学分析・安全性
  • 服飾雑貨・家具・日用品・玩具
  • 機能性
  • 海外試験
  • その他
  • 生活用品試験
  • 化学分析試験
  • 機能性試験
  • 海外内販<br />
海外での販売をお考えのお客様へ    
  • ボーケンで実施している試験やその他コンテンツを映像にてご紹介
  • infoメール
  • ボーケンWEB
  • ボーケン品質基準
  • ボーケングッズ