ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

ボーケンニュース

TOP > ボーケンニュース > 試験・検査 > 消臭性試験の基準値変更について
試験・検査

更新日:2013.05.10

消臭性試験の基準値変更について

 

この度、一般社団法人 繊維評価技術協議会のSEKマーク繊維製品認証基準による

消臭性試験において、試験方法の見直しが行われ、4月1日より基準値が変更されました。

 

○変更内容  

 臭気成分:酢酸

 初発濃度:50ppm⇒30ppm

 基準値:80%(機器単独85%)⇒機器単独70%

 

【機器分析試験における初期濃度及び合格基準】

臭気成分

アンモニア

酢酸

硫化水素

メチル

メルカプタン

アセト

アルデヒド

初発濃度(ppm

100

30

4

8

14

合格基準減少率(%)

70以上

(80以上)

-

(70以上)

70以上

70以上

70以上

 

○変更日

ボーケンでは、大阪・東京・上海で5月13日より、ご指定がない限り新基準で実施いたします。

 

≫消臭性試験について

http://www.boken.or.jp/main/service/functionality/cat109/cat114/deodorant.html