ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

ボーケンニュース

TOP > ボーケンニュース > 試験・検査 > 抗ウイルス性試験のご案内―SEKマーク認証試験受付開始について―
試験・検査

更新日:2015.07.29

抗ウイルス性試験のご案内―SEKマーク認証試験受付開始について―

   

繊維製品の細菌やかびに対する効果を評価するISOやJIS規格はこれまでにありましたが、

新たに繊維製品に対する抗ウイルス性評価が可能となりましたので試験受付を開始いたします。

    

抗ウイルス加工とは?

繊維上の特定のウイルスの数を減少させる加工のことです。

ただし、病気の治療や予防を目的とするものではなく、ウイルスの働きを抑制するものではありません。

   

試験方法:ISO18184 プラーク法

試験対象製品:繊維製品のみ

試験対象ウイルス:下記のどちらか一つ又は両方を試験

A型インフルエンザウイルス(H3N2ATCC VR-1679 (エンベロープあり)

・ネコカリシウイルス ATCC VR-782 (エンベロープなし)

※ネコカリシウイルスはノロウイルスの代替のウイルスの一つとされています。

koukin(SEK).jpg

プラークの写真(白く色が抜けているところがプラーク)

   

抗ウイルス効果

抗ウイルス活性値評価
2.0≦Mv<3.0 Small effect
3.0≦Mv Full effect

   


一般社団法人 繊維評価技術協議会では4月1日よりSEKマークとして新たに抗ウイルス加工マークの認証を

開始いたしました。

ボーケンでの抗ウイルス性試験報告書はマーク認証の取得にお使いいただけます。

    

◎評価基準

 抗ウイルス活性値Mv≧3.0

※未洗濯と最高洗濯回数の両方で基準を満たす必要があります。

koukin(SEK)1.jpg

   

ボーケンは、その他SEKマークについても指定試験機関として認定されており、マーク取得のための

試験実施が可能です。

    

koukinSEKhyou.jpg

      

お問合せ先

大阪事業所 本町事務所

TEL:06-4705-1120FAX:06-4705-1125

担当者:中林

   

大阪事業所 試験課 微生物試験室

TEL:06-4707-0030/FAX:06-4707-0040

担当者:室巻