ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

ボーケンニュース

TOP > ボーケンニュース > セミナー・イベント > 日本繊維製品消費科学会の2015年 年次大会にて研究発表を行いました
セミナー・イベント

更新日:2015.07. 9

日本繊維製品消費科学会の2015年 年次大会にて研究発表を行いました

     

一般社団法人 日本繊維製品消費科学会の2015年 年次大会が6月27日、28日に信州大学繊維学部(長野県上田市)にて2日間開催され、ボーケンからは開発部の青山尚樹、勝間田晋治、更に金沢工業大学の大箸信一教授が講演を行いました。

日頃取り組んでいる開発業務を中心に、下記の研究発表を行いました。

 

 post_.jpg


演題及び講演者一覧 

1.ポリウレタン合成皮革の加水分解劣化における劣化限度値推定方法について

   (一財)ボーケン品質評価機構 青山 尚樹


2.衣料品や服飾品に使用される蓄光素材の測定について

   (一財)ボーケン品質評価機構 勝間田 晋治


3.MALDI-TOF MS による獣毛の定性・定量分析

   金沢工業大学 大箸 信一