ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

ボーケンニュース

TOP > ボーケンニュース > 業務案内 > 一般社団法人 繊維学会論文賞受賞(ペプチド分析法)
業務案内

更新日:2015.07.28

一般社団法人 繊維学会論文賞受賞(ペプチド分析法)

  

金沢工業大学とボーケンが共同研究してきたペプチド分析法についての論文が、

学術的に優れた研究だけでなく産業利用上重要ということが評価され一般社団法人 繊維学会の

論文賞(平成26年度)を受賞いたしました。

代表執筆者である金沢工業大学 ゲノム生物工学研究所の大箸信一教授が、

平成27年度繊維学会年次大会で行われた授賞式に出席され、表彰されました。

  

kaihatu_2015.06.JPG

授賞式の様子

post_160_2.jpg

表彰楯

【論文題目】

MALDI-TOF質量分析計によるカシミヤ及び他の獣毛類の定量分析

【筆者】

金沢工業大学 ゲノム生物工学研究所:大箸 信一、出村 由香、佐野 元昭

一般財団法人 ボーケン品質評価機構:吉岡 陽一郎

(Sen'i Gakkaishi, 70, No.6, 114-120(2014) )

   

>>獣毛混用率の新試験方法 「化学分析法」の試験受付開始のお知らせ