ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

ボーケンニュース

TOP > ボーケンニュース > 法規制・規格 > 繊維製品の洗濯表示に関するJISの制定について
法規制・規格

更新日:2014.10.30

繊維製品の洗濯表示に関するJISの制定について

 

繊維製品の洗濯表示に関するJISがJIS L0001「繊維製品の取扱いに関する表示記号及び

その表示方法」として10月20日に制定されました。

現在の洗濯表示は家庭用品品質表示法(以下、家表法という。)で引用される

JIS L0217「繊維製品の取扱いに関する表示記号及びその表示方法」の図柄が使用されています。

今回の制定はJIS L0217に対応する国際規格ISO3758:2012に整合させるために制定されました。

なお、現在の洗濯表示は引き続き家表法で引用されることから、新洗濯表示は新たなJIS番号(L0001)として、

制定されています。今後の予定として、時期は未定ですが、新たに制定されたJISが家表法に引用される予定です。

また、同時に洗濯表示を選択する試験方法もISO規格を基に、次の6規格が制定されました。

 

 

JIS L1930    繊維製品の家庭洗濯試験方法

JIS L1931-1 繊維製品の商業クリーニング-第1部:生地及び製品の評価方法

JIS L1931-2 繊維製品の商業クリーニング

                        -第2部:パークロロエチレンによるドライクリーニング試験方法

JIS L1931-3 繊維製品の商業クリーニング-第3部:石油系溶剤によるドライクリーニング試験方法

JIS L1931-4 繊維製品の商業クリーニング-第4部:ウエットクリーニング試験方法

JIS L0889    酸素系漂白剤を用いる洗濯に対する染色堅ろう度試験方法

 

 

 

JIS L1930「繊維製品の家庭洗濯試験方法」では、繊維製品のグローバル化及び各種全自動洗濯機の

普及等により、ドラム式洗濯機、アジテータ式洗濯機、パルセーター式洗濯機の3種類の洗濯機を使用する

試験方法が制定されました。また、商業クリーニングの試験方法も新たに制定されました。

 

なお、今回のJIS制定に関しては、経済産業省のホームページに掲載されています。

経済産業省:http://www.meti.go.jp/press/2014/10/20141020002/20141020002.html