ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 衣料品 > 【化学分析】アゾ色素由来の特定芳香族アミン試験について

公開日:2015.09.15/更新日:2017.02. 3

【化学分析】アゾ色素由来の特定芳香族アミン試験について

特定芳香族アミンとは?
アゾ化合物、アゾ染料とは?
法規制(日本)
規制対象製品
試験方法
基準値(日本)
特定芳香族アミン(24種類)リスト
海外の規制(繊維)
お問合せ

目的

染色された繊維製品や革製品に、発がん性のおそれが指摘されている特定芳香族アミンが基準を超えて含まれていないかを調べるために行う試験です。

特定芳香族アミンとは?

芳香族アミンの中で発がん性のおそれが指摘されているものを「特定芳香族アミン」といいます。
(※全ての芳香族アミンに発がん性のおそれがあるわけではありません)

アゾ化合物、アゾ染料とは?

アゾ化合物とは、「アゾ基(-N=N-)」をもつ有機化合物の総称です。
アゾ化合物のうち、ベンゼン環(芳香環)を持つものを芳香族アゾ化合物と呼びますが、これらは色素となるものが多く、アゾ染料(アゾ基をもつ染料の総称)として広く使用されています。

法規制(日本)

特定芳香族アミン(24種類)を生成するアゾ化合物(染料)が規制の対象に追加されました。(2016年4月1日より施行)
欧州や中国などにおいては特定芳香族アミンを生成するおそれのあるアゾ染料の使用がすでに禁止されていましたが、日本国内においても、この法改正をもって規制が開始されました。

関連政省令

2015年4月8日 「有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律」の一部を改正する政令が公布される。(平成27年政令第175号)
2015年7月9日 「有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律施行規則」の一部を改正する省令が公布される。(平成27年厚生労働省令第124号)
2016年2月22日 「化学的変化により容易に特定芳香族アミンを生成するアゾ化合物を含有する家庭用繊維製品等について」厚生労働省医薬・生活衛生局審査管理課化学物質安全対策室長通知(アゾ等留意事項通知)が発出される。(薬生化発0222第1号)
2016年4月1日 上記政令、省令施行。
2016年6月20日 上記「アゾ等留意事項通知」の一部が改正される。(薬生化発0620第10号)

規制対象製品

繊維製品 おしめ、おしめカバー、下着、寝衣、手袋、くつした、中衣、外衣、 帽子、寝具、床敷物、テーブル掛け、えり飾り、ハンカチーフ並びに「タオル、バスマット及び関連製品」
革製品
(毛皮製品を含む)
下着、手袋、中衣、外衣、帽子及び床敷物

なぜ規制対象に?

一部のアゾ染料には発がん性のおそれが指摘されている特定芳香族アミンを生成する可能性があるからです。(※全てのアゾ染料が規制されているわけではありません。)

どのようにして芳香族アミンが生成されるの?

アゾ染料が持つアゾ基(-N=N-)の結合が還元分解により切れて、(-NH2)を持つアミンが生成されます。アミンのうち、芳香環(ベンゼン環)を持つものを芳香族アミンといいます。還元分解は皮膚上の細菌や酵素により起こる可能性があり、発がん性のおそれがある特定芳香族アミンが生成されると人体に悪影響があると考えられています。

amin_1.jpg

試験方法

JIS L 1940-1:2014、JIS L 1940-3:2014(=ISO規格≒EN規格)に概ね準じた試験を行います。
①サンプル採取後、分散染料使用の場合はクロロベンゼンによる抽出を実施します。
②試料中の色素を還元分解します(※分散染料で染められた試料の場合、特別な抽出工程が必要になるため、繊維組成確認が重要です。分散染料は主にポリエステル繊維の染色に用いられています)。この工程により、試料中のアゾ色素から遊離芳香族アミンが生成されます。
③遊離芳香族アミンを、珪藻土カラムを用いて有機溶剤(t-ブチルメチルエーテル)相に移し、濃縮します。
④機器分析装置(GC-MS、HPLC等)により分析を行います。

amin_2 .jpg



特定芳香族アミンの検出の有無は、機器分析装置を2種類以上用いて確認しております。規制対象である特定芳香族アミンはよく似た物質が非常に多く、1種類の方法では誤認してしまう恐れがあるためです。分析結果の解釈には2種類以上の分析装置より得られたデータを精査する必要があり、高度な技術力が必要となります。
 

ボーケンはiisの技能試験に参加し、

特定芳香族アミンの分析試験で

「Excellent」をいただきました。 

       ≫詳しくはこちら   

トップへ戻る

基準値(日本)

30μg/g(mg/kg)以下

特定芳香族アミン(24種類)リスト

規制対象の特定芳香族アミン類

※CAS No.とはアメリカ化学会(American Chemical Society)のCAS(Chemical Abstracts Service)の登録番号であり、公表された全ての化学物質につけられた識別番号です。

CAS No.及び名称 構造 CAS No.及び名称 構造
92-67-1
4-アミノジフェニル
別名:ビフェニル-4-イルアミン
838-88-0
4,4'-ジアミノ-3,3'-ジメチルジフェニルメタン
別名:4,4'-メチレンジ-o-トルイジン
92-87-5
ベンジジン

120-71-8
2-メトキシ-5-メチルアニリン
別名:6-メトキシ-m-トルイジン
95-69-2
4-クロロ-2-メチルアニリン
別名:4-クロロ-o-トルイジン
101-14-4
3,3'-ジクロロ-4,4'-ジアミノジフェニルメタン
別名:4,4'-メチレン-ビス-
(2-クロロ-アニリン)
91-59-8
2-ナフチルアミン

101-80-4
4,4'-ジアミノジフェニルエーテル
別名:4,4'-オキシジアニリン
97-56-3
2-メチル-4-(2-トリルアゾ)アニリン
別名:o-アミノアゾトルエン
139-65-1
4,4'-ジアミノジフェニルスルフィド
別名:4,4'-チオジアニリン
99-55-8
2-メチル-5-ニトロアニリン
別名:5-ニトロ-o-トルイジン
95-53-4
オルト-トルイジン
別名:o-トルイジン
106-47-8
パラ-クロロアニリン
別名:4-クロロアニリン
95-80-7
2,4-ジアミノトルエン
別名:4-メチル-m-フェニレンジアミン
615-05-4
2,4-ジアミノアニソール
別名:4-メトキシ-m-フェニレンジアミン
137-17-7
2,4,5-トリメチルアニリン

101-77-9
4,4'-メチレンジアニリン
別名:4,4'-ジアミノジフェニルメタン
90-04-0
オルト-アニシジン
別名:o-アニシジン
91-94-1
3,3'-ジクロロベンジジン

60-09-3
パラ-フェニルアゾアニリン
別名:4-アミノアゾベンゼン
119-90-4
3,3'-ジメトキシベンジジン

95-68-1※
2,4-キシリジン
別名:2,4-ジメチルアニリン
119-93-7
3,3'-ジメチルベンジジン

87-62-7※
2,6-キシリジン
別名:2,6-ジメチルアニリン
※日本の法規制や中国(GB18401)等では、この2物質も規制対象物質です

トップへ戻る

海外の規制(繊維)

国名など 規制区分 基準値 規制
対象数
分析法
EU REACH 30mg/kg 22種類 EN 14362-1
EN 14362-3
中国 GB 18401 20mg/kg 24種類 GB/T 17592
GB/T 23344
韓国 電気用品及び生活用品安全管理法
子供製品特別安全管理法
30mg/kg 24種類 KS K 0147
KS K 0734
EN 14362-1
EN 14362-3
台湾 CNS 15290 30mg/kg 22種類 CNS 15205-1
CNS 15205-2

お問合せ

ボーケンでは、特定芳香族アミン試験を国内・海外の全事業所で受付・実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
>>特定芳香族アミンについてのトピックはこちら
>>事業所一覧はこちら

関連記事

  • ● ホルムアルデヒド発散建築材料性能評価(建築基準法)
    (記事一部抜粋)
     建築基準法に基づき、ホルムアルデヒド発散建築材料の性能を評価するために行う試験です。ホルムアルデヒドはシックハウス症候群の原因となる有害物質です。ボーケンはホルムアルデヒド発散建築材料の性能評価に係る指定性能評価機関として、国土交通省より指定されています。
  • ● 遊離ホルムアルデヒド
    (記事一部抜粋)
     繊維製品に含まれるホルムアルデヒドの濃度の測定試験をご紹介。試験は「厚生省令第34号」基づいて実施します。ホルムアルデヒドは樹脂加工やプリント、接着剤に用いられる樹脂(バインダー)の原料として知られ、水溶液はホルマリンとも呼ばれます。
  • ● 試料設置時の室内VOC濃度試験(ボーケン法)
    (記事一部抜粋)
     試料設置時の室内VOC濃度試験(ボーケン法)をご紹介。家具、カーテン・カーペット、建築資材(壁紙・合板・MDF、塗料等)を対象に、試料から放散されるホルムアルデヒドを含む揮発性有機化合物(VOC)の室内濃度を測定する試験です。