ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 衣料品 > 【染色堅ろう度】色泣き

公開日:2012.05.21/更新日:2016.07.22

【染色堅ろう度】色泣き

目的

色泣き試験とは、色泣きをする恐れがないかどうかを調べるために行う試験です。特に配色使いの製品、白場の多いプリント品、ボーダー柄等の製品で注意が必要です。

bleeding.jpg

色泣きとは?

洗濯や雨で衣料品が濡れた場合、染色部から白場や淡色部に染料が移動して色が泣き出したように見える現象を色泣き、またはブリードと言います。

色はどのように移るの?

色が移る現象には2種類あり、汚染とブリード(色泣き、にじみ)に分けられます。
汚染とは、溶剤により溶出した染料が他布(添付布)へ染着すること、又は、摩擦により他布へ染着することを指しています。
ブリードとは、繊維間の毛細管現象により、湿潤部から乾燥部へ溶剤が移動するのに伴って、遊離染料が移動して生じた汚染現象のことをいいます。

なぜ色移りが起きるの?

色移りは色々な原因が有るのですが、その中でも「ソーピング(洗い)不足」が最もよく起こる原因の一つになります。染色する際に染料を使用しますが、使用した染料全てが繊維と結合するわけではありません。 この結合しなかった染料を一般的に「未固着染料」と言い、下図のように繊維上にただ単に乗っているだけのイメージになります。 染色後のソーピング工程(洗い工程)で未固着染料をしっかりと洗い落とさないと(いわゆるソーピング不足やソーピング不良になると)、後々トラブルに繋がる可能性が高くなります。

mikochaku.jpg

試験方法

異色濃淡組合せのプリント、配色使い、先染めボーダー等の染色部分から白場や淡色部への染料の泣き出し(ブリード)を試験します。ボーケンでは「色泣き試験方法(大丸法)」に基づいて試験を実施しています。

1. 試料の調整は、プリント柄や縞柄生地の場合は細長く切ったものを試験片とし、無地の場合は2.5cm×3cmの試料を長さ約20cmの綿添付白布と縫付け、試験片とします。
2. 0.05%非イオン界面活性剤溶液の入ったビーカーに、試験片の片端を2cm浸漬します。
3. 2時間放置した後、ビーカーを取り除いて自然乾燥し、白場又は添付白布への汚染の程度を判定します。

試験中の様子

bleed_test.pngbleed_test2.png

試験の結果

汚染用グレースケール4号と同等または濃い場合:色泣きあり又は4級以下の等級
汚染用グレースケール4号より淡い場合:色泣き僅かにあり又は4-5級
汚染がない場合:色泣きなし又は5級

greyscale.png

※汚染が染料以外の処理剤による場合は、その旨を付記し、色泣きとは考えない。

関連記事

  • ● 判定
    (記事一部抜粋)
     「JIS L 0801染色堅ろう度試験方法通則」についてご紹介。染色堅ろう度の判定方法の中で一般的によく用いられる視感法について説明します。判定には変退色と汚染の2種類あり試験前・後のものと比較し、色の変化を級数で表して評価します。
  • ● 昇華
    (記事一部抜粋)
     「JIS L 0854昇華に対する染色堅ろう度試験方法」についてご紹介。生地が染料の「昇華」により他の衣料を汚染させる恐れがないか調べる試験です。ポリエステルの染色に使われる分散染料はその性質上、昇華を引き起こしやすいので、注意が必要です。
  • ● 耐光
    (記事一部抜粋)
     耐光堅ろう度試験の一つ「JIS L 0842紫外線カーボンアーク灯光に対する染色堅ろう度試験方法」についてご紹介。染色された繊維製品は、様々な場面で光に晒されます。こういった光の作用によって、変色する恐れがないかを調べるために耐光堅ろう度試験を行います。