ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 衣料品 > 【各種機能性】遠赤外線

公開日:2012.05.22/更新日:2015.07.24

【各種機能性】遠赤外線

目的


着用時の保温効果を高めるために、遠赤外線放射性の高いセラミックス等を利用して、繊維に練り込んだ素材や、生地上にコーティングした素材が市場で販売されています。そういった素材の熱再放射性を評価するために行う試験です。
一般社団法人遠赤外線協会は、基準を満たした繊維製品等(肌着、サポーター等)に対して認定マークの使用を許諾する認定制度を実施しています。ボーケンではその評価項目のひとつである再放射特性の試験を実施しています。


試験方法

熱再放射特性:45度パラレル再放射法
45°に傾斜した試料台に試験試料と対照試料を並べて取り付け、その15cm前に90℃の熱板を平行にセットします。サーモビュアにより両試料の表面温度を測定し、温度差を求めます。

 

【遠赤外線協会認定規則・評価基準】

評価項目

評価基準

放射特性

分光放射率

520μmの波長領域において、全放射率が遠赤外線加工を施していない同一形状の対照試料に比べ(以下各項同じ)5%以上上回ること。または、上記波長領域の任意の区間での全放射率が上記対照試料に比べ10%以上上回ること。
注) 区間とは、測定分解能以上の幅を持つ波長範囲を指す。

再放射特性※

信頼限界95%でプラスの有意差を示すこと。

上記のいずれか1項で基準に合致していること。

保温効果

サーモグラフィ

試験試料と対照試料で、対象部位の着用前後の平均皮膚温度差が+0.5以上であること。または、温度画像面積比で明確な優位な差が認められること。

※ボーケンで実施できる項目

【試料台に試料を取り付けた様子】

fir.1.jpg

 

【サーモビュアによる表面温度の測定の様子】

fir.2.jpg

関連記事

  • ● 防汚性(ボーケン法)
    (記事一部抜粋)
     防汚性試験(ボーケン法)のご紹介。繊維製品の汚れにくさ及び付いた汚れの落ちやすさを評価するために行う試験です。ボーケン規格としてはJIS L 1919に比べてより具体的な汚れを想定した試験を実施しています。
  • ● 保温性
    (記事一部抜粋)
     保温性試験とは、繊維製品および生地の保温性を評価するために行う試験です。保温性試験にはJISの試験方法(JIS L 1096)のA法(恒温法)とサーモラボⅡ試験機を用いた方法があります。
  • ● 消臭性
    (記事一部抜粋)
     消臭性試験のご紹介。 (一社)繊維評価技術協議会(略称:繊技協)のSEKマーク繊維製品認証基準(消臭性試験)に基づいて試験を実施します。消臭加工を施した素材の消臭性能を評価するために行う試験です。