ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 衣料品 > 【各種機能性】吸湿発熱性

公開日:2012.05.22/更新日:2015.08. 7

【各種機能性】吸湿発熱性

目的


繊維が湿気を吸収することで発熱する現象「吸湿発熱」の性能を評価するために行う試験です。吸湿発熱のメカニズムとしては、空気中の水分子(湿気)が繊維表面に吸着した際に、自由運動していた水分子の運動エネルギーが熱エネルギーに変換され発熱(吸着熱)し、温度が一時的に上昇するものと考えられます。


試験方法

吸湿発熱性試験(ボーケン規格BQE A 035)
20cm×20cmの試験片を4つ折りにして内部に熱電対温度センサーを取り付け、恒温恒湿機の中で20℃,40%RHの環境下で2時間処理した後、20℃,90%RHの環境に変化させたときの温度変化を1分ごとに15分間測定します。加工品と未加工品を同時に測定し、上昇温度を比較します。


【評価の目安】
加工品と未加工品の最大上昇温度の差が0.5℃以上認められること。

 

【恒温恒湿機に試料を入れた様子】

moisture_exothermic.1.jpg

【試験結果例】

moisture_exothermic.2.jpg

 

BOKENchannel.jpg

関連記事

  • ● 防汚性(ボーケン法)
    (記事一部抜粋)
     防汚性試験(ボーケン法)のご紹介。繊維製品の汚れにくさ及び付いた汚れの落ちやすさを評価するために行う試験です。ボーケン規格としてはJIS L 1919に比べてより具体的な汚れを想定した試験を実施しています。
  • ● 保温性
    (記事一部抜粋)
     保温性試験とは、繊維製品および生地の保温性を評価するために行う試験です。保温性試験にはJISの試験方法(JIS L 1096)のA法(恒温法)とサーモラボⅡ試験機を用いた方法があります。
  • ● 消臭性
    (記事一部抜粋)
     消臭性試験のご紹介。 (一社)繊維評価技術協議会(略称:繊技協)のSEKマーク繊維製品認証基準(消臭性試験)に基づいて試験を実施します。消臭加工を施した素材の消臭性能を評価するために行う試験です。