ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 衣料品 > 【各種機能性】花粉リリース

公開日:2012.05.21/更新日:2016.04.21

【各種機能性】花粉リリース

目的

花粉症への社会的関心が高まる中、その対策としてメガネやマスクといった花粉対策グッズが愛用され、最近では衣服に「花粉防止加工」を施した製品が販売されています。花粉対策には①花粉が付きにくい加工、②花粉が付いても容易に落ちる加工、③捕らえた花粉の飛散を抑制する加工(吸着加工)などがあります。そういった素材において、吸着した花粉の落ちやすさ(リリース性)を評価するために行う試験です。

試験方法

花粉リリース性試験(ボーケン規格BQE A 029)
試験片(約7cm×7cm)にスギ花粉を均一に付着させた後、花粉リリース装置にとりつけ、所定の振動(軽く手で払う程度)を加え花粉をリリースします。リリース前後の状態をマイクロスコープにより撮影し、リリース前の花粉数(a)とリリース後の花粉数(b)をカウントします。下記の式に従い花粉減少率(%)を算出します。


花粉減少率(%)={(a-b)/a }×100


【有意差の目安】
加工生地の減少率が未加工生地の減少率より20%以上大きいとき

 

【花粉リリース装置】
太鼓をモデルとした花粉リリース装置上部面に、分銅を一定の高さから落とし、その振動によりリリース装置下部面に取り付けた試験生地上の花粉をリリースする仕組みです。

pollen_release.1.jpg

【試験結果例】
試験片内の区画:約2mm2
                           加工生地(減少率88.4%)

リリース前

リリース後

pollen_release.2.jpg pollen_release.3.jpg

                           未加工生地(減少率39.8%)

リリース前

リリース後

pollen_release.4.jpg pollen_release.5.jpg

関連記事

  • ● 防汚性(ボーケン法)
    (記事一部抜粋)
     防汚性試験(ボーケン法)のご紹介。繊維製品の汚れにくさ及び付いた汚れの落ちやすさを評価するために行う試験です。ボーケン規格としてはJIS L 1919に比べてより具体的な汚れを想定した試験を実施しています。
  • ● 保温性
    (記事一部抜粋)
     保温性試験とは、繊維製品および生地の保温性を評価するために行う試験です。保温性試験にはJISの試験方法(JIS L 1096)のA法(恒温法)とサーモラボⅡ試験機を用いた方法があります。
  • ● 消臭性
    (記事一部抜粋)
     消臭性試験のご紹介。 (一社)繊維評価技術協議会(略称:繊技協)のSEKマーク繊維製品認証基準(消臭性試験)に基づいて試験を実施します。消臭加工を施した素材の消臭性能を評価するために行う試験です。