ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 衣料品 > 【各種機能性】防炎性(表面フラッシュ)

公開日:2012.05.29/更新日:2017.07.21

【各種機能性】防炎性(表面フラッシュ)

目的

生地に着火した際に表面フラッシュが発生する恐れがないかどうかを評価するために行う試験です。表面フラッシュとは、一部に触れた火が生地の表面を走り、短時間で製品の表面に炎が広がる現象です。起毛製品での事故が特に目立っており、注意が必要です。



試験方法

「JIS L 1917繊維製品の表面フラッシュ燃焼性試験方法」に基づいて試験を実施します。

試験片を毛羽方向と反対向きに3回ブラッシングした後、試験装置に毛羽方向を下向きにして垂直にセットします。試験片の下部表面に0.5秒間炎を接触させ、広がった表面フラッシュが10cm、20cm、30cmのそれぞれのマーカ糸を切断するまでの時間を計測します。

 

【(一社)繊維評価技術協議会】

評価区分

測定結果

1.表面フラッシュなし

表面フラッシュ炎がマーカ糸取付位置10cmまで到達しない

 

2.表面フラッシュあり

1.表面フラッシュ炎がマーカ糸取付位置10cmまでは到達するが、20cmまで到達しない

2.表面フラッシュ炎がマーカ糸取付位置20cmまで1秒間かかって到達する

3.表面フラッシュ著しい

表面フラッシュ炎がマーカ糸取付位置20cm1秒未満で到達する

【試験の様子】

surface_flash.jpg

BOKENchannel.jpg

関連記事

  • ● 防汚性(ボーケン法)
    (記事一部抜粋)
     防汚性試験(ボーケン法)のご紹介。繊維製品の汚れにくさ及び付いた汚れの落ちやすさを評価するために行う試験です。ボーケン規格としてはJIS L 1919に比べてより具体的な汚れを想定した試験を実施しています。
  • ● 保温性
    (記事一部抜粋)
     保温性試験とは、繊維製品および生地の保温性を評価するために行う試験です。保温性試験にはJISの試験方法(JIS L 1096)のA法(恒温法)とサーモラボⅡ試験機を用いた方法があります。
  • ● 消臭性
    (記事一部抜粋)
     消臭性試験のご紹介。 (一社)繊維評価技術協議会(略称:繊技協)のSEKマーク繊維製品認証基準(消臭性試験)に基づいて試験を実施します。消臭加工を施した素材の消臭性能を評価するために行う試験です。