ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 衣料品 > 【各種機能性】吸水性

公開日:2012.05.18/更新日:2016.11.11

【各種機能性】吸水性

目的

吸水性試験とは、生地が汗や水といった水分をどれだけ吸収しやすいかを評価するために行う試験です。

吸水性とは?

吸水性とは、水(液体)を吸収する性質を指しています。例えば、衣類の場合、かいた汗を直接吸収する性質のことをいいます。スポーツ等で汗をかいた時、着ている衣類にその汗が吸収されなければ、ムレやベトツキ等の不快感の原因となります。また、タオルやバスマットでは、水を吸い込む性能が悪ければ、使用感が悪く、消費者クレームにつながる可能性もあります。
towels-569139_640.jpg

試験方法

試験の種類

「JIS L 1907繊維製品の吸水性試験方法」に基づいて試験を実施します。 繊維製品の吸水性を評価する方法としては吸水速度試験が一般的によく用いられています。
試験方法には、①滴下法 ②バイレック法 ③沈降法 の3種類があります。

1. 滴下法

① 試験片を保持枠に取り付けます。
② 試験片上10mmの高さから水を1滴(約0.04ml)滴下します。
③ 水滴が試験片に到達してから水の鏡面反射(キラキラした反射)が完全になくなるまでの時間をストップウォッチで測定します。

【評価の目安】

10秒以下 (基準値は各社基準により異なります。)
【滴下法試験装置】
water_absorbency.1.jpg

2. バイレック法

① 試料からたて方向及びよこ方向に、200 mm×25mmの試験片を採取します。
② 試験片が垂直になるように上端を固定して下端を水に浸漬させます。
③ 10分間放置後、水が試験片内を上昇した高さを測定します。

【評価の目安】

80mm以上 (基準値は各社基準により異なります。)
【バイレック法試験の様子】
water_absorbency.2.jpg

3. 沈降法

① 試料から10 mm×10mmの試験片を採取します。
② 試験片の測定面を下向きにして水に浮かべます。
③ 試験片が湿潤して沈降し始めるまでの時間をストップウォッチで測定します。

【評価の目安】

60秒以下 (基準値は各社基準により異なります。)

関連記事

  • ● 防汚性(ボーケン法)
    (記事一部抜粋)
     防汚性試験(ボーケン法)のご紹介。繊維製品の汚れにくさ及び付いた汚れの落ちやすさを評価するために行う試験です。ボーケン規格としてはJIS L 1919に比べてより具体的な汚れを想定した試験を実施しています。
  • ● 保温性
    (記事一部抜粋)
     保温性試験とは、繊維製品および生地の保温性を評価するために行う試験です。保温性試験にはJISの試験方法(JIS L 1096)のA法(恒温法)とサーモラボⅡ試験機を用いた方法があります。
  • ● 消臭性
    (記事一部抜粋)
     消臭性試験のご紹介。 (一社)繊維評価技術協議会(略称:繊技協)のSEKマーク繊維製品認証基準(消臭性試験)に基づいて試験を実施します。消臭加工を施した素材の消臭性能を評価するために行う試験です。