ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 衣料品 > 【各種機能性】防水性

公開日:2012.05.21/更新日:2017.03.14

【各種機能性】防水性

防水性とは?

防水性とは、耐水性、漏水性、はっ水性の総称であるとJISで定義されています。
hassui.jpg

はっ水性とは?

はっ水性とは繊維製品および生地の雨や水を弾く性能です。
シリコン系、フッ素系加工剤などで生地の表面張力を水の表面張力より小さくする事ではっ水性を持たせています。布目の隙間は完全にふさがれておらず、空気や粒子の小さい水は通るため蒸れにくい反面、強い雨や長時間の雨などの場合、水が浸透することがあります。
hassui.jpg

耐水性とは?

耐水性とは繊維製品及び生地の雨や水の通過または浸透を防ぐ性能です。
油脂やゴム、合成樹脂などを生地の片面あるいは両面に噴霧やコーティングをしたり、樹脂シートなどを生地に接着したりすることで水を防ぎます。空気や水蒸気を通さないので蒸れやすくなります。
ちなみに、耐水性を保ちつつ、蒸れも防止することができる「透湿防水性」という機能性もあります。
hassui.jpg

漏水性とは?

漏水性とは、水を通過または浸透させる性質のことです。

はっ水性試験

目的

はっ水性を評価するために行う試験です。主に通気性がある繊維製品に適用します。

試験方法

「JIS L 1092 繊維製品の防水性試験方法 はっ水度試験(スプレー試験)」に基づいて試験を実施します。
必要に応じて、前処理として洗濯処理またはウォッシュシリンダを用いたドライクリーニング処理、耐候処理を行います。
①45°に傾けた試験片に水250mLを散布します。
②余分な水滴を落とした後、湿潤状態を比較見本と比較して判定します。
spray-test.jpg

評価の目安

2級以上

はっ水性の表示について

家庭用品品質表示法では、コート類の製品にはっ水性をうたう場合、JIS L 1092に規定されている洗濯処理又はドライクリーニング処理後のはっ水度試験で2級以上の性能があることと定められています。

海外規格とJISのはっ水性等級の関係性

海外の規格とJISの試験方法は条件に若干の相違がありますが、試験操作はほぼ同じです。 ただし、結果を表す等級が異なります。以下にその関係性を表にまとめました。(同じ行にあるものが同等)
日本 ISO 中国 アメリカ
規格 JIS L 1092 ISO 4920 GB/T 4745

AATCC
Test Method 22

等級の
関係性
0 0 0
1 1 1 50
2 2 2 70
3 3 3 80
4 4 4 90
5 5 5 100

耐水性試験

目的

耐水性を評価するために行う試験です。主に通気性がない繊維製品に適用します。主に防水帆布、テント用布、靴用布及び防水加工したものに適用する低水圧法と通常10kPa以上の水圧に耐えるものに適用する高水圧法があります。ここでは、低水圧法を紹介します。

試験方法

「JIS L 1092 繊維製品の防水性試験方法 耐水度試験(静水圧法) A法(低水圧法)」に基づいて試験を実施します。必要に応じて、前処理として洗濯処理またはウォッシュシリンダを用いたドライクリーニング処理、耐候処理を行います。
①試験片の表側(防水面または使用時に水が当たる側)が水に当たるように試験装置に取り付けます。
②600mm/min±30mm/minまたは100mm/min±5mm/minの速さで水準装置の水位を上昇させ、水圧をか けます。
③試験片の裏側に3ヶ所から水が出たときの水位を測定します。water_repellent4.png

漏水性試験

目的

漏水性を評価するために行う試験です。主に自然降雨に対するはっ水性、漏水性などの性能の確認を要する繊維製品に適用します。

試験方法

「JIS L 1092 繊維製品の防水性試験方法 雨試験(シャワー試験)A法」に基づいて試験を実施します。必要に応じて、前処理として洗濯処理またはウォッシュシリンダを用いたドライクリーニング処理、耐候処理を行います。
①試験片を試験装置に取り付けます。
②試験装置のシャワー部から10分間降雨させます。(降雨時間は1分または5分でも可)
③表面の湿潤状態を比較見本と比較し、はっ水度を評価します。
④試験片を試験装置から取り外し、遠心機で余分な水滴を除去した後、質量を測定します。
 試験前後の試験片の質量より吸水量及び吸水率を算出します。

関連記事

  • ● 防汚性(ボーケン法)
    (記事一部抜粋)
     防汚性試験(ボーケン法)のご紹介。繊維製品の汚れにくさ及び付いた汚れの落ちやすさを評価するために行う試験です。ボーケン規格としてはJIS L 1919に比べてより具体的な汚れを想定した試験を実施しています。
  • ● 保温性
    (記事一部抜粋)
     保温性試験とは、繊維製品および生地の保温性を評価するために行う試験です。保温性試験にはJISの試験方法(JIS L 1096)のA法(恒温法)とサーモラボⅡ試験機を用いた方法があります。
  • ● 消臭性
    (記事一部抜粋)
     消臭性試験のご紹介。 (一社)繊維評価技術協議会(略称:繊技協)のSEKマーク繊維製品認証基準(消臭性試験)に基づいて試験を実施します。消臭加工を施した素材の消臭性能を評価するために行う試験です。