ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 衣料品 > 【物理的性能】通気性

公開日:2012.05.22/更新日:2016.10.13

【物理的性能】通気性

概要

布の通気性とは、布の表裏で圧力差がある時、空気が布の気孔を通過する移動性の性質を指しています。
通気性は快適性とも深く関係しています。例えば、寒い季節に通気性が高い衣服を着用していた場合、寒さが増します。逆に熱い季節であった場合、風が布を通り、涼しく、心地よく感じます。
girl-1246525_640.jpg

何によって通気性は影響されるのか?

通気量は、糸の太さ及び撚り、布の密度や厚みなどに左右されます。
一般に、糸の密度が大きいほど、糸が太くなるほど密な組織になり、通気性は小さくなります。また、糸の撚り数が多いほど、通気性は大きくなります。

試験方法

「JIS L 1096織物及び編物の生地試験方法」に基づいて試験を実施します。
通気性試験とは、生地の組織の隙間を通る空気の量を調べることにより、生地の通気性の程度を評価する試験です。通気性試験にはA法からC法まで試験方法がありますが、一般的によく用いられるA法(フラジール形法)について説明します。

1. 約200mm×200mmの試験片を5枚調整してフラジール形試験機に取り付けます。
2. 傾斜形気圧計が125Paの圧力になるように吸込みファン及び空気孔を調整し、そのときの垂直形気圧計の示す圧力を測定します。
3. 測定した圧力と使用した空気孔の種類から、試験機に付属している換算表によって試験片の通過する空気量(cm3/cm2・s)を求めます。
【フラジール形試験機】
air_permeability.1.jpg
【試験機に試験片を取り付けた様子】
air_permeability.2.jpg
【空気孔の種類】
air_permeability.3.jpg

関連記事

  • ● 摩耗強さ
    (記事一部抜粋)
     「JIS L 1096織物及び編物の生地試験方法」の摩耗強さ試験についてご紹介。生地または製品が摩耗されたときの破れ易さや、表面の毛羽立ち等の外観変化が起こりやすいかどうか等、生地の強度を評価する試験です。
  • ● 引張強さ
    (記事一部抜粋)
     「JIS L 1096織物及び編物の生地試験方法」の引張強さ試験についてご紹介。一般的に織物に対して適用され、生地のたて方向またはよこ方向に引っ張る力を加え、どの程度の力まで耐えることができるか、生地の強度を評価する試験です。
  • ● 引裂強さ
    (記事一部抜粋)
     「JIS L 1096織物及び編物の生地試験方法」の引裂強さ試験についてご紹介。一般的に織物に対して適用され、生地のたて方向またはよこ方向に引き裂くような力を加え、どの程度の力まで耐えることができるか、生地の強度を評価する試験です。