ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 衣料品 > 【物理的性能】破裂強さ

公開日:2012.09. 4/更新日:2015.07.24

【物理的性能】破裂強さ

目的


一般的に編物に対して適用され、生地の内側から膨らむ力を加え、どの程度の力まで耐えることができるかを評価するために行う試験です。編物は織物と違い多方向に生地が伸びやすく、引張強さや引裂強さの測定が困難であるため、破裂強さで生地の強さを測定します。


試験方法


「JIS L 1096織物及び編物の生地試験方法」に基づいて試験を実施します。
 破裂強さ試験にはA法からC法まで試験方法がありますが、一般的によく用いられるA法(ミューレン形法)について説明します。
 ミューレン形破裂試験機のクランプに試験片を挟み込むようにセットし、油圧でクランプ下部のゴム膜を膨らませて試験片が破裂したときの最大強力(kPa)を測定します。


【ミューレン形破裂試験機】

【クランプ部分】

bursting _strength_1.jpg bursting _strength_2.jpg

関連記事

  • ● 通気性
    (記事一部抜粋)
     「JIS L 1096織物及び編物の生地試験方法」の通気性試験についてご紹介。生地の通気性を測定することで、ダウンジャケットやふとんの側地など、製品の内側に詰め物をするような生地から詰め物(中わた、羽毛類等)が吹き出す恐れがないかを評価する試験です。
  • ● 摩耗強さ
    (記事一部抜粋)
     「JIS L 1096織物及び編物の生地試験方法」の摩耗強さ試験についてご紹介。生地または製品が摩耗されたときの破れ易さや、表面の毛羽立ち等の外観変化が起こりやすいかどうか等、生地の強度を評価する試験です。
  • ● 引張強さ
    (記事一部抜粋)
     「JIS L 1096織物及び編物の生地試験方法」の引張強さ試験についてご紹介。一般的に織物に対して適用され、生地のたて方向またはよこ方向に引っ張る力を加え、どの程度の力まで耐えることができるか、生地の強度を評価する試験です。