ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 衣料品 > 【物理的性能】伸長弾性率

公開日:2012.05.22/更新日:2015.07.24

【物理的性能】伸長弾性率

目的

ストレッチ織物や編物の伸縮性(ストレッチ性)を評価するために行う試験です。ストレッチ織物とは、ポリウレタン糸の使用などにより伸縮性を付与した織物を指します。



試験方法

「JIS L 1096織物及び編物の生地試験方法」に基づいて試験を実施します。
伸長弾性率(伸長回復率)及び残留ひずみ率試験にはA法からE法まで試験方法がありますが、一般的によく用いられるB-1法(定荷重法)について説明します。
幅50mm長さ300mmの試験片をたて方向及びよこ方向に3枚ずつ調整し、全幅をつかむように引張試験機又はこれと同等の性能を持つ装置にセットした後、200mm間隔(L0)に印を付け14.7Nの荷重を加えます。1時間保持後の印間の長さ(L1)を測定します。荷重を取り除き、30秒後又は1時間後に初荷重を加えて印間の長さ(L2)を測定し、次式によって伸長回復率(%)および残留ひずみ率(%)を求めます。

伸長回復率(%) = {(L1L2)(L1L0)}×100

残留ひずみ率(%)= {(L2L0)L0}×100

 

【B-1法(定荷重法)の模式図】

elastic_recovery.1.jpg

 

【試験機に試験片を取り付けた様子】

elastic_recovery.2.jpg

関連記事

  • ● 通気性
    (記事一部抜粋)
     「JIS L 1096織物及び編物の生地試験方法」の通気性試験についてご紹介。生地の通気性を測定することで、ダウンジャケットやふとんの側地など、製品の内側に詰め物をするような生地から詰め物(中わた、羽毛類等)が吹き出す恐れがないかを評価する試験です。
  • ● 摩耗強さ
    (記事一部抜粋)
     「JIS L 1096織物及び編物の生地試験方法」の摩耗強さ試験についてご紹介。生地または製品が摩耗されたときの破れ易さや、表面の毛羽立ち等の外観変化が起こりやすいかどうか等、生地の強度を評価する試験です。
  • ● 引張強さ
    (記事一部抜粋)
     「JIS L 1096織物及び編物の生地試験方法」の引張強さ試験についてご紹介。一般的に織物に対して適用され、生地のたて方向またはよこ方向に引っ張る力を加え、どの程度の力まで耐えることができるか、生地の強度を評価する試験です。