ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 衣料品 > 【物理的性能】パイル保持性

公開日:2012.05.22/更新日:2015.07.24

【物理的性能】パイル保持性

目的


パイル生地におけるパイルの保持性能(容易に脱落しないかどうか) を評価するために行う試験です。


試験方法


「JIS L 1075織物及び編物のパイル保持性試験方法」に基づいて試験を実施します。
パイル保持性試験には、別珍、コール天などのカットパイル生地に適用するA法、タオル生地などのループパイル生地に適用するB法、シャリング加工した生地に適用するC法がありますが、一般的によく用いられるA法(ユニバーサル形試験機を用いる方法)について説明します。
約80mm×80mmの試験片Aと直径15mmまたは22mmの円形試験片Bを3枚ずつ採取します。試験片Bはパイル糸と地糸に分け、パイル糸の質量(MB)を測定します。
ユニバーサル形試験機に取り付けた摩擦台に、試験片Aのパイル面を下にして取り付け、研磨紙によって所定回数(通常500回)摩擦します。
試験片Aの摩耗した部分を試験片Bと同様の大きさの円形に切り取り、切り取った部分をパイル糸と地糸に分け、パイル糸の残留質量(MA)を測定します。
下記の式に従い、パイル保持率(%)を算出します。

パイル保持率 (%) ( MAMB ) × 100



【試験片の調整とパイル糸の質量(MB)の測定】

pile_retention.1.jpg

【試験機の摩擦台に試験片を取り付けた様子】

pile_retention.2.jpg




【試験中の様子】

pile_retention.3.jpg




【試験後試験片の調整とパイル糸の残留質量(MA)の測定】

pile_retention.4.jpg

関連記事

  • ● 通気性
    (記事一部抜粋)
     「JIS L 1096織物及び編物の生地試験方法」の通気性試験についてご紹介。生地の通気性を測定することで、ダウンジャケットやふとんの側地など、製品の内側に詰め物をするような生地から詰め物(中わた、羽毛類等)が吹き出す恐れがないかを評価する試験です。
  • ● 摩耗強さ
    (記事一部抜粋)
     「JIS L 1096織物及び編物の生地試験方法」の摩耗強さ試験についてご紹介。生地または製品が摩耗されたときの破れ易さや、表面の毛羽立ち等の外観変化が起こりやすいかどうか等、生地の強度を評価する試験です。
  • ● 引張強さ
    (記事一部抜粋)
     「JIS L 1096織物及び編物の生地試験方法」の引張強さ試験についてご紹介。一般的に織物に対して適用され、生地のたて方向またはよこ方向に引っ張る力を加え、どの程度の力まで耐えることができるか、生地の強度を評価する試験です。