ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 服飾雑貨・アクセサリー > 【かばん】走行耐久性試験 (CPSA 0014)

公開日:2012.05.29/更新日:2015.08. 7

【かばん】走行耐久性試験 (CPSA 0014)

目的

繰り返しの使用によりキャスターやスライドハンドル等に破損が生じてしまうことがあり、簡単に破損してしまうと思わぬ事故やクレームに繋がる恐れがあります。
そこで、ボーケンでは実用性能として、段差のあるドラム上を走行させて走行耐久性試験を実施し、評価を行っています。



試験方法

引用規格:SG CPSA 0014
試験体に載荷重の112%に相当する質量の
おもりを入れ、車輪をドラム上に載せ、試験体を
50°傾けた状態で保持し、ドラムを100回/minの
速さで連続60分回転させます。



  バッグ容量

 載荷重提案値

~20L未満 

 10kg

 20L以上~50L未満

  20kg 

50L以上

 30kg



               

【試験中の様子】

caster.JPG



 

【判定基準】

各部に破損、外れ及び使用上支障のある変形がないこと。 (ボーケン基準)

 

 

BOKENchannel.jpg

関連記事