ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 服飾雑貨・アクセサリー > 【ベルト】耐屈曲性 (ボーケン法)

公開日:2012.05.22/更新日:2015.07.24

【ベルト】耐屈曲性 (ボーケン法)

目的

着用中や着脱等により繰り返し屈曲されると亀裂が生じてしまうことがあり、簡単に亀裂が入ってしまうと思わぬ事故やクレームに繋がってしまう恐れがあります。そこで、ボーケンでは繰り返しの屈曲動作を加えて試験を実施し、評価を行っています。


試験方法

引用規格:ボーケン法

試料から生地部分を採取(15cm)し、デマッチャ式伸縮疲労試験機を用いて掴み間隔10cm→5cmで表側が外方向に屈曲するように振幅幅を調整し、屈曲操作を1分間に60回の速さで5000回繰返します。

【判定基準】

使用上支障のある破損等の異常が認められないこと。(ボーケン基準)

【試験中の様子】

belt2.jpg



関連記事

  • ● 製品の総合引張強さ (JIS L 1096準用)
    (記事一部抜粋)
     製品の総合引張強さ (JIS L 1096準用)をご紹介。ボーケンではバックルを中心として製品の引張強さを実施し、評価を行っています。定速伸長形引張試験機を用いて引張り、破断時の強力を測定します。