ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 服飾雑貨・アクセサリー > 【ファスナ】スライダ引手ねじり強度

公開日:2012.05.23/更新日:2015.07.24

【ファスナ】スライダ引手ねじり強度

目的

ファスナのスライダには引手が付いており、ファスナを開閉するときには、必ず引手を持って操作します。その引手自体が破損したり変形してしまうと、ファスナの開閉ができなくなったり、開閉が非常に困難になったりしてします。
そこでボーケンでは、ファスナのスライダ引手ねじり強度試験により、スライダの引手の強度を確認する試験を行っています。


試験方法

引用規格:JIS S 3015
スライダを引手と本体とが直角になるようにジグに固定し、9°/sのねじり速度で折れ又は最大180°まで負荷を加え続け、最大トルクを測定します。

【判定基準】
破損したときの最大荷重が規定の負荷以上であること。

【試験の様子】

fastener1.jpg

関連記事

  • ● 往復開閉耐久度
    (記事一部抜粋)
     ファスナの往復開閉耐久試験(JIS S 3015)をご紹介。ボーケンでは、ファスナの往復開閉耐久試験によりファスナのエレメントの耐久性について試験を行っています。500回の開閉作動で異常が生じないことが求められます。
  • ● チェーン横引強度
    (記事一部抜粋)
     ファスナのチェーン横引強度試験(JIS S 3015)をご紹介。ボーケンでは、チェーン横引強度試験によって、エレメントの強度を試験しています。ファスナを固定し、引張速度300mm/minで破損するまで負荷を加え続け、最大荷重を測定します。
  • ● スライダ総合強度
    (記事一部抜粋)
     ファスナのスライダ総合強度試験(JIS S 3015)をご紹介。ボーケンでは、引手とスライダ間の強度を確認する試験を行っています。スライダを引手と本体が直角になるように固定し、引張速度100mm/minで破損するまで負荷を加え続け、最大荷重を測定します。