ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 服飾雑貨・アクセサリー > 【靴】表底の屈曲性試験 (ASTMD 1052)

公開日:2012.05.22/更新日:2015.07.24

【靴】表底の屈曲性試験 (ASTMD 1052)

目的

着用中、歩行により表底が繰り返し屈曲されると亀裂が生じてしまうことがあります。簡単に亀裂が入ってしまうと思わぬ事故やクレームに繋がってしまう恐れがあります。そこで、ボーケンでは表底の屈曲に対する耐久性の試験を実施し、評価を行っています。


試験方法

引用規格:ASTM D 1052 準用

着用時に屈曲すると考えられる部位を屈曲線として90度屈曲するように試験機に取付け、50000回屈曲操作を行います。10000回毎に外観を観察します。

【判定基準】

50000回で異常のないこと(ボーケン基準)

【試験中の様子】

outsole2.jpg

 

関連記事

  • ● 靴底の滑り抵抗試験 (ISO 13287)
    (記事一部抜粋)
     靴底の滑り抵抗試験 (ISO 13287)をご紹介。着用中、滑りやつまずきによる転倒は非常に重大な事故につながります。そこで、ボーケンではJIS規格やISO規格の滑り抵抗試験を実施し、評価を行っています。
  • ● 靴の耐水性試験 (ボーケン法)
    (記事一部抜粋)
     目的 靴の耐水性試験とは、繰返し屈曲させることで亀裂が入り、その亀裂から水が浸入したり、アッパーと表底の間から水が入ったりすることがないかを調べる試験です。この際、屈曲試験のように割れが発生するかどう...
  • ● 表底のはく離強さ (JIS T 8101準用)
    (記事一部抜粋)
     表底のはく離強さ (JIS T 8101)をご紹介。着用中、底材が簡単にはがれてしまうと思わぬ事故につながってしまいます。そこで、ボーケンでは靴の甲材と底材間の接着強さについて試験し、評価を行っています。