ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 服飾雑貨・アクセサリー > 【傘】回転耐久性(トルク試験) (ボーケン法)

公開日:2012.05.29/更新日:2015.07.24

【傘】回転耐久性(トルク試験) (ボーケン法)

目的



傘を使用中、傘骨が簡単に折れてしまったら、思わぬ事故やクレームに繋がる恐れがあります。
そこで、ボーケンでは傘骨の強度を確認する一つの方法として、実使用を想定し傘を開いた状態で正方向、逆方向に回転させる回転耐久性試験を実施し、評価を行っています。



試験方法

引用規格:ボーケン法
試料の手元を切断し、傘を開いた状態で、
回転耐久性試験機に取付け、固定部分を
1分間に40回の速さで、正方向、逆方向に
回転させます。

回転回数
長傘:100回転
折傘(2段):40回転
折傘(3段以上):20回転
学童傘:50回転



                 【試験中の様子】
torque.jpg



【判定基準】
各部に破損、緩み、機能に影響する変形等使用上支障のある異常がないこと。(ボーケン基準)



関連記事

  • ● 耐漏水性
    (記事一部抜粋)
     耐漏水性についてご紹介。JUPA7.3を準用し試験します。傘を使用中、内部に雨が漏れてきてしまったらクレームに繋がる恐れがあります。そこで、ボーケンでは実使用を想定して傘に雨を降らすことによって耐漏水性試験を実施し、評価を行っています。