ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 服飾雑貨・アクセサリー > 【傘】耐漏水性

公開日:2012.05.29/更新日:2015.07.24

【傘】耐漏水性

目的

傘を使用中、内部に雨が漏れてきてしまったらクレームに繋がる恐れがあります。
そこで、ボーケンでは実使用を想定して傘に雨を降らすことによって耐漏水性試験を実施し、評価を行っています。



試験方法

引用規格:JUPA 7.3 準用
試料を試験台に取付け、人工降雨装置により、傘生地の上部130㎝から20±2㎜/hの降雨量で20分間降雨させます。



  【試験中の様子】
water_leaks.jpg


【判定基準】
傘の内部に伝水がないとこ。また、傘の内部の水滴が15滴以下であること。(ボーケン基準)

 

 

関連記事

  • ● 回転耐久性(トルク試験) (ボーケン法)
    (記事一部抜粋)
     回転耐久性(トルク試験) (ボーケン法)をご紹介。ボーケンでは傘骨の強度を確認する一つの方法として、実使用を想定し傘を開いた状態で正方向、逆方向に回転させる回転耐久性試験を実施し、評価を行っています。