ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 家具・インテリア > 【化学分析】試料設置時の室内VOC濃度試験(ボーケン法)

公開日:2013.10. 4/更新日:2016.04. 1

【化学分析】試料設置時の室内VOC濃度試験(ボーケン法)

目的

家具、カーテン・カーペット、建築資材(壁紙・合板・MDF、塗料等)を対象に、試料から放散される

ホルムアルデヒドを含む揮発性有機化合物(VOC)の室内濃度を測定する試験です。

voc_boken_01.jpg

                ホルムアルデヒドを含む            室内空気汚染

                揮発性有機化合物(VOC)の放散

 

試験方法

家具試験室(ステンレスで覆われた6畳間相当の部屋)を用いて、試料設置時の揮発性有機化合物

の室内濃度測定を行います。試料を搬入する前に、揮発性有機化合物の室内濃度を測定します。

その後、試料を搬入し、5時間以上経過後に揮発性有機化合物の室内濃度を測定します。

その濃度差から、試料から放散される揮発性有機化合物の室内濃度を求めます。

試験結果の目安として、厚生労働省の室内濃度指針(13物質)があります。

 

【測定項目】

voc_boken_02.jpg

 

※1 25 ℃のときの換算値。

※2 ボーケンでは、アルデヒド類(ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド)及び揮発性有機化合物
      (基本6化合物)を測定・管理しているケースが一般的です。

 

 

【試験の様子】

voc_boken_03.jpg voc_boken_04.jpg

※試料搬入後は、密閉状態にて試料を設置しています。

※本試験は、JIS A 1911及び1912に記載されている大形チャンバー法とは異なりますが、
  製品をそのままの状態で設置でき、お手頃な価格で試験することが可能です。

 

 

【補足】

揮発性有機化合物とは、揮発しやすい有機化合物の総称です。

化学的な分類では、50℃~250℃程度の沸点で種類はかなり多く、代表的な化合物としては塗料等

の溶剤によく使用されるトルエンやキシレンなどが挙げられます。

また、揮発性有機化合物には木材の臭いの成分なども含まれます。

ホルムアルデヒドも広義では揮発性有機化合物になりますが、かなり揮発性が高いため超揮発性

有機化合物や高揮発性有機化合物と呼ばれています。

 

分類 略記 沸点範囲(℃)
超揮発性有機化合物
揮発性有機化合物
VVOC
VOC
<50
50-260
半揮発性有機化合物
粒子状物質

SVOC
POM

260-380
380<

 ※各団体によって沸点範囲の値の取扱いは多少異なります。

 

 

依頼書はこちら

記入例はこちら




 

関連記事

  • ● アゾ色素由来の特定芳香族アミン試験について
    (記事一部抜粋)
      特定芳香族アミンとは? アゾ化合物、アゾ染料とは? 法規制(日本) 規制対象製品 試験方法 基準値(日本) 特定芳香族アミン(24種類)リスト 海外の規制(繊維) お問合せ 目的 染色された繊...
  • ● ホルムアルデヒド発散建築材料性能評価(建築基準法)
    (記事一部抜粋)
     建築基準法に基づき、ホルムアルデヒド発散建築材料の性能を評価するために行う試験です。ホルムアルデヒドはシックハウス症候群の原因となる有害物質です。ボーケンはホルムアルデヒド発散建築材料の性能評価に係る指定性能評価機関として、国土交通省より指定されています。
  • ● 遊離ホルムアルデヒド
    (記事一部抜粋)
     繊維製品に含まれるホルムアルデヒドの濃度の測定試験をご紹介。試験は「厚生省令第34号」基づいて実施します。ホルムアルデヒドは樹脂加工やプリント、接着剤に用いられる樹脂(バインダー)の原料として知られ、水溶液はホルマリンとも呼ばれます。