ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 家具・インテリア > 【収納家具】棚板のたわみ (JIS S 1200)

公開日:2012.05.22/更新日:2015.07.24

【収納家具】棚板のたわみ (JIS S 1200)

目的

本棚に本を詰め込みすぎて、棚板が抜けてしまったり、棚板の上に重いものを載せすぎて、大きくたわむこともあります。そこでボーケンでは、棚板のたわみ試験により、棚板のたわみの程度を確認する試験を行っています。


試験方法

引用規格:JIS S 1200 (旧規格) 準用

試験する棚板上に規定のおもりを均等に載荷して24時間放置します。その後、おもりを載荷したまま、棚板前縁の中間点にできるだけ近い位置の最大たわみ量(たわみ率)を測定します。また、表示耐荷重値を求める試験、表示耐荷重値が妥当かどうか確認する試験も行っています。

【判定基準】

たわみ率は0.5%以下であり、各部に破損、緩み、機能に影響する変形等使用上、支障のある異常がないこと(商品の材質・構造・形状によって、特例基準あり)。

【試験の様子】

closet1.jpg



関連記事

  • ● 構造及び骨組みの強度試験 (JIS S 1200)
    (記事一部抜粋)
     
  • ● 開き戸の耐久性試験 (JIS S 1200)
    (記事一部抜粋)
     収納家具の開き戸の耐久性試験(JIS S 1200)をご紹介。ボーケンでは、開き戸の耐久性試験により、戸の開閉操作に対する耐久性を確認する試験を行っています。各部に破損、緩み、機能に影響する変形等、使用上支障のある異常がないことが求められます。
  • ● 引出しの耐久性試験 (JIS S 1200)
    (記事一部抜粋)
     収納家具の引出しの耐久性試験(JIS S 1200)をご紹介。ボーケンでは、引出しの耐久性試験により、引出しの開閉操作に対する耐久性の試験を行っています。各部に破損、緩み、機能に影響する変形等、使用上支障のある異常がないことが求められます。