ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 家具・インテリア > 【カーテン】ミラー機能カーテン

公開日:2012.05.21/更新日:2015.07.24

【カーテン】ミラー機能カーテン

目的

ミラー機能カーテン(ミラーカーテン)とは、太陽光を室内に取り入れつつ、外からは室内が見えにくい性能を持つレースカーテンです。繊維の種類・形状・組織構造等により、外側面に光沢性を付与し、外からの光を反射することにより、外から室内を見えにくくしています。そういったミラー機能カーテンの性能を評価するために行う試験です。


試験方法

ミラー機能カーテンの性能試験(ボーケン規格BQE A 031)
防透視性と採光性の両方を評価します。

① 防透視性

試験ボックス内の中央部に視力検査表を置き、表面の照度が500lxになるように蛍光灯を調光します。試験ボックスの前面に試料(カーテン80cm×80cm)を取り付けます。外側から投光機の光度を変化させながら光を照射し、視力検査表の「C(0.2)」が判読できない最低の照度を測定(lx)します。
※試験結果の値が低いほど、性能が良い(室内が見えにくい)ことを示します。

② 採光性

「JIS L 1913一般不織布試験方法」透光性に基づいて試験を実施します。設定照度を1000lxに調整し、透光率(%)を測定します。

【評価の目安】
防透視性:700lx以下であること。
採光性:透光率20%以上であること。
※ただし、用途や目的に応じて評価基準を設定することが望ましい。

【試験ボックスの外観】

mirror_curtain.1.jpg

【試験結果例】

一般のレースカーテン

ミラー機能カーテン

mirror_curtain.2.jpg

mirror_curtain.3.jpg

【参考】
カーテンの種類とその特徴について

カーテンの種類

採光

透視性

特徴

一般のレースカーテン

 

ミラーカーテン(レース)

ミラー効果で外から室内が見えにくい

*夜になると外から見えることがある

遮影カーテン(レース)

昼夜問わず室内の様子がはっきりとわからない

一般のカーテン

極低

 

 

遮光カーテン

極低

極低

外からの光を遮る

関連記事

  • ● 再帰性反射試験
    (記事一部抜粋)
     再帰性反射試験(ISO 20471)をご紹介。高視認性衣服等に使用されている再帰性反射素材などの性能を評価するために行う試験です。夜間に作業を行う人の作業服・安全ベスト、自転車の反射材、ランニングやウォーキング用の衣料品等に使用されています。
  • ● 赤外線透過撮影防止
    (記事一部抜粋)
     赤外線透過撮影防止性試験(ボーケン規格BQE A 033)をご紹介。透過撮影を防止するために近赤外線を吸収もしくは反射させる加工を「赤外線透過撮影防止加工」といいます。そういった赤外線透過撮影を防止する性能を評価するために行う試験です。
  • ● 形態安定性
    (記事一部抜粋)