ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 家具・インテリア > 【机】持続垂直荷重試験 (JIS S 1205)

公開日:2012.05.22/更新日:2015.07.24

【机】持続垂直荷重試験 (JIS S 1205)

目的

テーブルの天板の上にはどれくらいの重さまで物を置くことができるか、気になる方もいらっしゃると思います。そこでボーケンでは、持続垂直荷重試験により、テーブル天板のたわみを確認する試験を行っています。


試験方法

引用規格:JIS S 1205

無荷重の状態で甲板の支持間距離に対する最大たわみ量(任意箇所)を測定します。次に、甲板1dm2当たり規定のおもりを等分布載荷し、24時間放置します。その後おもりを取り除き、最初と同様に最大たわみ量を測定します。
また、表示耐荷重値を求める試験、表示耐荷重値が妥当かどうか確認する試験も行っています。

【判定基準】

負荷中のたわみ率は1.0%以内であり、除重後の残留たわみ率は0.3%以内で、各部に破損、緩み、機能に影響する変形等、使用上支障のある異常がないこと。

【試験の様子】

desk3.1.jpg

【試験の模式図】

desk3.2.jpg



関連記事

  • ● 垂直力に対する安定性 (JIS S 1202)
    (記事一部抜粋)
     机の垂直力に対する安定性試験(JIS S 1202)をご紹介。ボーケンでは、テーブルの垂直力に対する安定性を確認する試験を行っています。規定の垂直力を加え、長辺(ストッパ側)中央から外側に10Nの水平力を加え、浮き上がり、転倒のないことを確認します。
  • ● 水平力試験 (JIS S 1205)
    (記事一部抜粋)
     机の水平力試験(JIS S 1205)をご紹介。ボーケンでは、水平力試験により、テーブルの脚部の強度を確認する試験を行っています。甲板の一辺から、甲板の中心線の方向に規定の力を10秒間10回加え、移動量を測定します。