ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 産業資材 > 【自動車内装材】促進耐候性試験(キセノン)

公開日:2016.07.27/更新日:2016.08. 8

【自動車内装材】促進耐候性試験(キセノン)

目的

促進耐候性試験は、各種材料の美観や耐久性について劣化を促進させ、製品・材料の寿命を予測することを目的とした試験です。すべての物質、材料は自然環境のもとで、光(紫外線)、雨、熱 等の影響により劣化して行きます。専用の装置内で光の照射、降雨(水スプレー)、温湿度の制御等を行い、屋内外の条件を人工的に再現します。

試験概要

太陽光、温度、湿度、降雨などの自然環境下で使用又は曝されることを想定した試験です。屋内外の条件を人工的に再現する際、例えば太陽光を再現する場合、促進耐候性試験装置の一種、スーパーキセノンウェザーメーターを使用します。人工光源を照射し、断続した水の噴霧を行い、自然の作用で発生する退色、塗装剥離、割れなどの劣化に対する抵抗性を評価します。

xenon.jpg

評価方法

試験前後の試料の色、光沢度、曇り度(透過率)を評価します。試料の評価には、色差計・グロスメーター・ヘーズメーターを使用します。
その他、試験前後の試料の物理的強度(引張強度等)を評価する場合もあります。
meters.png
装置仕様
●太陽光の紫外部・可視部の分光放射照度分布に極めて近似した光源(キセノンランプ)を使用しています。
●紫外部放射照度が(300-400nmの範囲で)太陽光の約3倍(180W/m2)の高照度試験にも対応しており、より促進性の高い試験を行うことが可能です。
suga_shikenki.jpg

メーカー:スガ試験機㈱
型式:SX75-AP型

光源:7.5kW 水冷式キセノンランプ
放射照度:60~180W/m2(300-400nm)
照射試験:ブラックパネル温度(BPT)50~95±1℃(試料回転数、放射照度による)、湿度50~60±5%RH(BPT63℃、180W/㎡に於いて)
*BPTと槽内温度の同時制御可能(但し、放射照度等の条件による)
暗黒試験:槽内温度38±1℃、湿度95±5%RH
試料回転枠径、回転速度:約Φ580mm、1・2・12rpm(切替可能)
インナーフィルタ:石英
アウターフィルタ:#275,#295,#320
試料表面フィルタ:#320
試験片寸法、枚数:(標準)70×150mm、~48枚 *試料ホルダ:16枚
(内装樹脂・内装繊維用)65×55mm、~96枚 *試料ホルダ:16枚

※本寸法以外についても試験可能ですので、ご相談下さい。

ボーケンにて対応可能な、代表的な試験規格

分野 規格番号 規格の名称 代表的な
放射照度
W/㎡(300-400nm)
プラスチック JIS K 7350-2 :1995
ISO 4892-2 :2006
プラスチック-実験室光源による暴露試験方法
第2部:キセノンアーク光源
60 or 180
塗料 JIS K 5600-7-7:2008 塗料一般試験方法-第7部:塗膜の長期耐久性-第7節:促進耐候性及び促進耐光性(キセノンランプ法) 方法1: 60
方法2: 50
顔料 JIS K 5101-9 :2004 顔料試験方法-第9部:耐光性 50
ゴム JIS K 6266 :2007
ISO 4665 :2006
加硫ゴム及び熱可塑性ゴムの耐候性試験方法 60 or 180
建築 JIS A 1415 :2013 高分子系建築材料の実験室光源による暴露試験方法 WX-A法: 60
WX-B法: 50
自動車 JIS D 0205 :1987 自動車部品の耐候性試験方法 48
JASO M346 :1993 自動車用内装部品のキセノンアークランプによる促進耐光性
試験方法
162
JASO M351 :1998 自動車部品-外装部品のキセノンアークランプによる促進耐候性
試験方法
60-180
鉄道 JIS E 4037 :2001 鉄道車両-構成部品-耐候性試験方法 60-180
48-162
繊維 JIS L 0891 :2007 キセノンアーク投光又はサンシャインカーボンアーク投光を用いた
促進耐候堅ろう度試験方法
60 or 180
JIS L 0843 :2006 キセノンアーク投光に対する染色堅ろう度試験方法 50
ISO 105 B06 :1998 Textiles -- Tests for colour fastness -- Part B06: Colour fastness
and ageing to artificial light at high temperatures: Xenon arc fading
lamp test
162
AATCC
Test Method 16
:2003
Colorfastness to Light 48
AATCC
Test Method 169
:2003
Weather Resistance to Textiles: Xenon Lamp Exposure 40
安全標識 JIS Z 9107 :2008 安全標識の性能 180
試験機 JIS B 7754 :1991 キセノンアークランプ式耐光性及び耐候性試験機

関連記事

  • ● 中性塩水噴霧試験
    (記事一部抜粋)
     目的 塩分を含んだ空気中に晒される事が想定される金属材料・部品や、めっき・塗装が施された材料・部品等に対し、耐食性(=耐腐食性、防錆性)の度合いを評価する為の試験です。 *ボーケン保有の装置では塩水噴...
  • ● テーバー摩耗試験
    (記事一部抜粋)
     目的 試料表面の耐摩擦、耐摩耗性を評価する試験方法です。規定した回転数摩耗した後の試料の厚さ、質量、光学的拡散等の特性値の変化をみることができます。        試験方法 レコード盤のような回転台に...
  • ● フォギング試験
    (記事一部抜粋)
     目的 自動車の内装材として多く用いられているゴム・樹脂・繊維等の材料には、製造段階の添加剤として低沸点の溶剤・可塑剤・安定剤などが含まれています。これらの成分が高温になった車内で揮散した場合、外気で冷...