ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 産業資材 > 【自動車内装材】テーバー摩耗試験

公開日:2015.08. 7/更新日:2016.07.13

【自動車内装材】テーバー摩耗試験

目的

試料表面の耐摩擦、耐摩耗性を評価する試験方法です。規定した回転数摩耗した後の試料の厚さ、質量、光学的拡散等の特性値の変化をみることができます。

      

試験方法

レコード盤のような回転台に取り付けられた試験片の上を、2個の摩耗輪が連続的に転がり、試験片が摩耗されます。試験は、摩耗粉吸引装置で摩耗粉を吸引しながら行われます。評価は、試験前後の質量差から、摩耗質量を求める方法が一般的です。

     

te-ba-mamou_sikenkensa.jpg
       【テーバー摩耗試験機】            
      

関連記事

  • ● 中性塩水噴霧試験
    (記事一部抜粋)
     目的 塩分を含んだ空気中に晒される事が想定される金属材料・部品や、めっき・塗装が施された材料・部品等に対し、耐食性(=耐腐食性、防錆性)の度合いを評価する為の試験です。 *ボーケン保有の装置では塩水噴...
  • ● 促進耐候性試験(キセノン)
    (記事一部抜粋)
     促進耐候性試験は、各種材料の美観や耐久性について劣化を促進させ、製品・材料の寿命を予測することを目的とした試験です。太陽光、温度、湿度、降雨などの自然環境下で使用又は曝されることを想定しています。
  • ● フォギング試験
    (記事一部抜粋)
     目的 自動車の内装材として多く用いられているゴム・樹脂・繊維等の材料には、製造段階の添加剤として低沸点の溶剤・可塑剤・安定剤などが含まれています。これらの成分が高温になった車内で揮散した場合、外気で冷...