ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 日用品・台所用品 > 【ウレタンフォーム】繰返し圧縮残留ひずみ

公開日:2012.05.23/更新日:2015.07.24

【ウレタンフォーム】繰返し圧縮残留ひずみ

目的

家庭用品品質表示法の雑貨工業品品質表示規定において、敷布団の下に敷くウレタンフォームマットレスには、

復元率を表示することが義務付けられています。

そこでボーケンでは、ウレタンフォームの繰返し圧縮残留ひずみ試験(定変位法)によって復元率を求める

試験を行っています。

また、復元率を求める試験だけでなく繰返しの使用により硬さの低下率等を確認する定荷重法による試験も

実施しております。 

 

試験方法

① A法(定荷重法)

引用規格:JIS K 6400-4 A法(定荷重法) 、JIS K 6401等
厚さ50mm、幅・長さ380mmの試験片3個を使用します。

一定の力で繰返し圧縮することによって発生する「厚さ低下率」、「硬さ低下量」、「硬さ低下率」を求めます。

【試験の様子】

定荷重式繰返圧縮試験機

 

 

② B法(定変位法)

引用規格:JIS K 6400-4 B法(定変位法)
試験片全体を、厚さの50%まで連続80000回繰返し圧縮することによって発生する厚さの低下率を求めます。

試料サイズは厚さ20mm以上、幅及び長さ50mm以上の直方体が必要です。

復元率(%)=100-繰返し圧縮残留ひずみ(%)

【試験の様子】

urethane3.jpg

関連記事

  • ● 硬さ
    (記事一部抜粋)
     ウレタンフォームの硬さ試験(JIS K 6400-2 D法)をご紹介。家庭用品品質表示法の雑貨工業品品質表示規定において、敷布団の下に敷くウレタンフォームマットレスには、硬さを表示することが義務付けられています。
  • ● 反発弾性
    (記事一部抜粋)
     ウレタンフォームの反発弾性試験(JIS K 6400-3)をご紹介。近年、マットレスや枕などの寝具において、低反発や高反発を謳う商品が、多数市場に流通しています。明確な定義はありませんが、反発弾性という物性値が一つの指標となります。