ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > SGマーク・その他 > 【SGマーク・乳幼児用揺動シート】バウンシングの耐久性試験

公開日:2012.10.18/更新日:2015.08. 7

【SGマーク・乳幼児用揺動シート】バウンシングの耐久性試験

目的

post34_4.jpg





バウンサーを繰り返し使用しているうちに、フレームなどが破損してしまうと、赤ちゃんが大けがしてしまう可能性があります。
そこでSG基準では、ベビーバウンサーの耐久性について評価しています。



試験方法


引用規格:SG CPSA 0137
背もたれを最も立てた状態で、シートを固定し、バウンシングを10000回繰り返す。

【判定基準】

異状がなく、機能を維持していること。

【試験の様子】

post_34_2.jpg post_34_3.png post_34_1.jpg

 

 

BOKENchannel.jpg

関連記事

  • ● 安定性
    (記事一部抜粋)
     ベビーバウンサーに赤ちゃんを乗せているときに、バウンサーが転倒してしまったら、赤ちゃんを怪我させてしまう恐れがあります。SG基準では、ベビーバウンサーの安定性について評価しています。引用規格:SG CPSA 0137
  • ● 座面の動的強度試験
    (記事一部抜粋)
     ベビーバウンサーの座面の動的強度試験(SG CPSA 0137)をご紹介。SG基準では、ベビーバウンサーの座面の動的な強度について評価しています。背もたれを最も立てた状態で、座面中央に質量15kgのおもりを50mmの高さから100回繰り返し落下させます。