ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

学びたい・知りたい

TOP > 学びたい・知りたい > 表示の知識(衣料品)改正後

表示の知識(衣料品)改正後

雑貨・日用品についても、繊維製品と同じく、家庭用品品質表示法に基づく品質表示を行う必要があります。商品によって表示内容が異なりますので、注意が必要です。下記に表示例を示しますので、参考にしてください。
※2017年3月30日に家庭用品品質表示法(家表法)が改正されました。
詳細はこちら(消費者庁HP)をご覧ください。

家庭用品品質表示法

家庭用品品質表示法は、一般消費者が製品の品質を正しく認識し、その購入に際し不測の損失を被ることのないように、事業者に家庭用品の品質に関する表示を適正に行うよう要請し、一般消費者の利益を保護することを目的に、昭和37年に制定された。

1対象品目
2表示規程(繊維関連抜粋)

家庭洗濯等取扱い方法表示

繊維製品の取扱いに関する表示記号及びその表示方法JIS L 0001の概要 序文 この規格は、繊維製品のケア(取扱方法)の表示に使用すること、繊維製品の洗濯などの取扱いを行う間に回復不可能な損傷を起こさない最も厳しい処理・操作に関する情報を提供することを目的とし、表示記号及びその使用方法を明確にする体系について規定した。

1適用範囲
2記号と試験方法
3表示方法

取扱い表示記号の選び方

現在日本では「家庭用品品質表示法」に基づく表示により、繊維製品の性能や取扱い方法等の情報を消費者に対して提供しています。そこで規定してある様々な表示のひとつに「取扱い表示記号」があります。「取扱い表示記号」とは、当該商品の洗い方、アイロンの掛け方などを図柄で表す方法です。ここでは各「取扱い表示記号」の選び方を紹介します。実際には多種多様の繊維製品があり、全ての製品に対して一様に適用することはできませんが、記号選択の参考にして下さい。

1基本ルール
2アイテム別特記事項
3付記用語