ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

学びたい・知りたい

TOP > 学びたい・知りたい > 表示の知識(衣料品)改正後 > 商業クリーニング処理

公開日:2017.08.23/更新日:2017.09. 6

商業クリーニング処理

商業クリーニング処理

円の記号は、繊維製品(本皮及び毛皮を除く。)のタンブル乾燥・仕上げを含めたドライクリーニング処理及びウエットクリーニング処理を表す。この記号は、種々のクリーニング操作に関連した情報を提供する。

ドライクリーニング処理

記号番号 記号 ドライクリーニング処理 実用機試験方法
620 ドライクリーニング記号 ・パークロロエチレン及び記号ドライクリーニング記号の欄に規定の溶剤でのドライクリーニング処理(a)ができる。
・通常の処理
JIS L 1931-2 P1 法
621 ドライクリーニング記号 ・パークロロエチレン及び記号ドライクリーニング記号の欄に規定の溶剤でのドライクリーニング処理(a)ができる。
・弱い処理

JIS L 1931-2 P2 法

610 ドライクリーニング記号 ・石油系溶剤(蒸留温度150℃~210℃、引火点38℃~)でのドライクリーニング処理(a)ができる。
・通常の処理
JIS L 1931-3 F1 法
611 ドライクリーニング記号 ・石油系溶剤(蒸留温度150℃~210℃、引火点38℃~)でのドライクリーニング処理(a)ができる。
・弱い処理
JIS L 1931-3 F2 法
600 ドライクリーニング記号 ・ドライクリーニング処理ができない。
注(a)ドライクリーニング処理は、タンブル乾燥を含む。

ウエットクリーニング処理

記号番号 記号 ウエットクリーニング処理 実用機試験方法
710 ウエットクリーニング記号 ・ウエットクリーニング処理ができる。
・通常の処理
JIS L 1931-4
W1 法又はCW1 法
711 ウエットクリーニング記号 ・ウエットクリーニング処理ができる。
・弱い処理
JIS L 1931-4
W2 法又はCW2 法
712 ウエットクリーニング記号 ・ウエットクリーニング処理ができる。
・非常に弱い処理
JIS L 1931-4
W3 法又はCW3 法
700 ウエットクリーニング記号 ウエットクリーニング処理はできない。
【付加記号の説明】
・記号の下の一本線は弱い処理を、二本線は非常に弱い処理を表す。
・記号に重ね書きした×印は禁止を表す。
トップへ

関連記事

  • ● はっ水性の表示
    (記事一部抜粋)
     はっ水性の表示 1.はっ(撥)水性とは はっ水性とは、水をはじきやすい性質をいい、水を防ぐ耐水性とは異なる。 法律に基づき製品に表示することができる。(家庭用品品質表示法 繊維製品品質表示規程第2条、...
  • ● 許容範囲
    (記事一部抜粋)
     許容範囲(表示規程第9条) 表 示 許容範囲 特 例 100%の場合 毛・・・・・・・-3% 毛以外・・・-1% 紡毛製品・空紡糸製品・・・・-5% (屑糸等を使用した紡毛製品又は空紡糸製品である旨を...
  • ● プリント製品のアイロン表示について
    (記事一部抜粋)
      プリント付きのトレーナーにアイロン表示を付けたいのですが、どのように表示すれば良いですか? トレーナーのプリントには、顔料プリント、ラバープリント、発泡プリントなどがあります。 ...