ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

学びたい・知りたい

TOP > 学びたい・知りたい > 表示の知識(衣料品)改正後 > 許容範囲

公開日:2017.08.23/更新日:2017.09. 8

許容範囲

許容範囲(表示規程第9条)

表 示 許容範囲 特 例
100%の場合 毛・・・・・・・3%
毛以外・・・1%
紡毛製品・空紡糸製品・・・・-5%
(屑糸等を使用した紡毛製品又は空紡糸製品である旨を付記)
〇〇%以上の場合 0%
〇〇%未満の場合 0%
数値が5の整数倍の場合
(100%を除く)
±5%
上記以外の場合 ±4% 毛又は羽毛の間(※)・・・±5%
(※)毛又は羽毛の間とは、繊維の指定用語一覧表の左欄が毛である繊維(羊毛、アンゴラ、カシミヤ、モヘヤ、らくだ及びアルパカ)又は羽毛である繊維(ダウン、フェザー及びその他の羽毛)同士の混用品について示したもの。
トップへ

関連記事

  • ● No.5 ドライクリーニング
    (記事一部抜粋)
     注意表示の具体例 No.5 ドライクリーニング クリーニング店に相談 ...
  • ● 指定用語
    (記事一部抜粋)
     指定用語(表示規程第6条・別表第6) 繊維名を表示するときには、次の指定用語を使用しなければならない。 分類 繊維等の種類 指定用語 植物繊維 綿 綿 コットン COTTON 麻 亜麻 麻 亜麻 リネ...
  • ● 2017年3月30日に家庭用品品質表示法(家表法)が改正されました。
    (記事一部抜粋)
      2017年3月30日に家庭用品品質表示法(家表法)が改正されました。4月1日より施行されます。 これに伴い、繊維製品品質表示規程、合成樹脂加工品品質表示規程、電気機械器具品質表示規程、雑貨工業品品質...