ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

学びたい・知りたい

TOP > 学びたい・知りたい > 表示の知識(衣料品)改正後 > 洗濯処理①

公開日:2017.08.24/更新日:2017.09. 7

洗濯処理①

洗濯処理 ①アイテム別表示記号の範囲

・ここに示したものは製品をイメージしているので、当然水洗い処理可能な綿・麻素材について漂白記号部分にも〇を付けている。また「中性洗剤使用」は記号から付記用語での情報提供になっているため、毛・絹・アセテートなどは付記用語で中性洗剤を使用する旨を記載する必要がある。
・アイテム、素材に応じた上限表示を行うことを前提とするが、毛・絹・アセテート素材の水洗いでは漂白記号漂白記号漂白記号を推奨する。

表1 アイテム別表示記号の範囲

漂白記号

トップへ

表2 アイテム別表示記号の範囲

漂白記号

トップへ

表3 アイテム別表示記号の範囲

漂白記号

トップへ

関連記事

  • ● 許容範囲
    (記事一部抜粋)
     許容範囲(表示規程第9条) 表 示 許容範囲 特 例 100%の場合 毛・・・・・・・-3% 毛以外・・・-1% 紡毛製品・空紡糸製品・・・・-5% (屑糸等を使用した紡毛製品又は空紡糸製品である旨を...
  • ● No.1 衣料品の洗い方
    (記事一部抜粋)
     注意表示の具体例 No.1 衣料品の洗い方 【付記用語】 中性洗剤使用(用途欄に毛・絹を含むもの) 無蛍光洗剤使用 柔軟剤使用禁止 つけ置き禁止 同系色と一緒に洗う 単独洗い 洗濯ネット使用 短時間脱...
  • ● 乾燥処理
    (記事一部抜粋)
     乾燥処理 タンブル乾燥処理 ・家庭洗濯後の乾燥記号であり、商業クリーニングの乾燥処理記号ではない。 ・織物の場合は原則としてタンブル乾燥ができることとし、を推奨する。(重衣料は除く) ・編物は原則とし...