ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

学びたい・知りたい

TOP > 学びたい・知りたい > 表示の知識(衣料品)改正後 > No.1 衣料品の洗い方

公開日:2017.08.31/更新日:2018.11.22

No.1 衣料品の洗い方

注意表示の具体例 No.1 衣料品の洗い方

【付記用語】
中性洗剤使用(用途欄に毛・絹を含むもの)
無蛍光洗剤使用
柔軟剤使用禁止
つけ置き禁止
同系色と一緒に洗う
単独洗い
洗濯ネット使用
短時間脱水
弱く絞る
【デメリット】
裏返して洗う
面ファスナーは閉じて洗う
もみ洗い禁止
手洗いで軽く押し洗いか振り洗い
装飾品は外してから洗濯
つけ置き洗い禁止
洗濯後形を整えて速やかに干す
流水すすぎは禁止

関連記事

  • ● 組成表示
    (記事一部抜粋)
     表示の原則(表示規程第3条) 繊維の名称にそれぞれの繊維の混用率を%で示す数値を併記して表示する。 (1) 繊維の名称繊維の名称を示す用語は、「指定用語」を使用すること。 (2) 混用率 イ.<全体表...
  • ● サイズ表示について
    (記事一部抜粋)
      裾上げが完成している長ズボンがあります。フィット性を余り必要としない婦人パンツの場合、下記のような表示で良いでしょうか? 上記の表示は「不適正」です。 〔解説〕既製衣料品のサイズを表示するにあたって...
  • ● No.6 衣類等の取扱い
    (記事一部抜粋)
     注意表示の具体例 No.6 衣類等の取扱い 汚れた時は洗わずに絞ったタオル等で拭き取って下さい 汚れはぬるま湯又は中性洗剤を溶かした液で拭いてください 一度洗ってから使用してください 着用後速やかに洗...