ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

学びたい・知りたい

TOP > 学びたい・知りたい > 表示の知識(衣料品)改正後 > No.1 衣料品の洗い方

公開日:2017.08.31/更新日:2018.11.22

No.1 衣料品の洗い方

注意表示の具体例 No.1 衣料品の洗い方

【付記用語】
中性洗剤使用(用途欄に毛・絹を含むもの)
無蛍光洗剤使用
柔軟剤使用禁止
つけ置き禁止
同系色と一緒に洗う
単独洗い
洗濯ネット使用
短時間脱水
弱く絞る
【デメリット】
裏返して洗う
面ファスナーは閉じて洗う
もみ洗い禁止
手洗いで軽く押し洗いか振り洗い
装飾品は外してから洗濯
つけ置き洗い禁止
洗濯後形を整えて速やかに干す
流水すすぎは禁止

関連記事

  • ● ニットキルトの組成表示について
    (記事一部抜粋)
      二重編みのニット生地で、表側地と裏側地の間にポリエステル加工糸を挿入したキルテイング風生地の組成表示は、どの様に表示したら良いですか? 以下の表示が可能です。 例① 例② ...
  • ● 表示方法
    (記事一部抜粋)
     表示方法 記号の適用 ・ 記号は、直接製品に記載するか、又はラベル(縫い付けラベルなど)に記載する。 ・ ラベルは、少なくともラベルを付ける繊維製品と同程度の家庭洗濯処理及び商業クリーニング処理に耐え...
  • ● 洗濯処理①
    (記事一部抜粋)
     洗濯処理 ①アイテム別表示記号の範囲 ・ここに示したものは製品をイメージしているので、当然水洗い処理可能な綿・麻素材について部分にも〇を付けている。また「中性洗剤使用」は記号から付記用語での情報提供に...