ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

学びたい・知りたい

TOP > 学びたい・知りたい > 表示の知識(衣料品)改正後 > No.7 保管方法・加工

公開日:2017.09. 6/更新日:2018.06.11

No.7 保管方法・加工

注意表示の具体例 No.7 保管方法・加工

保管方法

日に当たらない場所に保管
光で色あせることがあるので、屋外での長時間着用は避けてください
湿気を避けて保管
保管はハンガー掛け禁止
ハンガー掛けで保管
袋から出して保管してください

加 工

~効果は繰返し洗濯や長期使用で低下します
~効果は繰り返し洗濯で失われる場合があります
~効果はドライクリーニングで失われる場合があります
防水効果が低下した時は、はっ水スプレーを使ってください

関連記事

  • ● 表示方法
    (記事一部抜粋)
     表示方法 記号の適用 ・ 記号は、直接製品に記載するか、又はラベル(縫い付けラベルなど)に記載する。 ・ ラベルは、少なくともラベルを付ける繊維製品と同程度の家庭洗濯処理及び商業クリーニング処理に耐え...
  • ● No.5 ドライクリーニング
    (記事一部抜粋)
     注意表示の具体例 No.5 ドライクリーニング ドライクリーニング禁止 (解説) 通常絵表示で済むが、特に必要な場合表示 フッ素系禁止 エタン系禁止 ~系がよい 洗濯はクリーニング店にご相談ください ...
  • ● 乾燥処理
    (記事一部抜粋)
     乾燥処理 タンブル乾燥処理 正方形に内接円のある記号は、洗濯処理後のタンブル乾燥処理を表す。ただし、商業クリーニングにおけるタンブル乾燥処理には適用しない。 記号番号 記号 タンブル乾燥処理 320 ...