ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

学びたい・知りたい

TOP > 学びたい・知りたい > 表示の知識(衣料品)改正後 > 適用範囲

公開日:2017.09. 6/更新日:2017.09. 6

適用範囲

  • 家庭洗濯(洗濯、漂白、乾燥、アイロン仕上げ)
  • 商業クリーニング(ドライクリーニング、ウエットクリーニング)
    ※ランドリー及び工業ランドリーは除く。
ランドリー:業者が家庭洗濯の記号を参考に行うワイシャツなどを対象とした水洗いから乾燥・仕上げまでの処理。
工業ランドリー:リネンサプライや作業服を対象としたもの。

関連記事

  • ● 組成表示
    (記事一部抜粋)
     表示の原則(表示規程第3条) 繊維の名称にそれぞれの繊維の混用率を%で示す数値を併記して表示する。 (1) 繊維の名称繊維の名称を示す用語は、「指定用語」を使用すること。 (2) 混用率 イ.<全体表...
  • ● クリーニング処理
    (記事一部抜粋)
     クリーニング処理 ドライクリーニング処理 ・特殊な素材や付属、特殊加工品はや(もしくは)とする。 ・ドライクリーニング処理の乾燥はタンブル乾燥であるため、自然乾燥を推奨するような付記用語は使用できない...
  • ● 洗濯処理①
    (記事一部抜粋)
     洗濯処理 ①アイテム別表示記号の範囲 ・ここに示したものは製品をイメージしているので、当然水洗い処理可能な綿・麻素材について部分にも〇を付けている。また「中性洗剤使用」は記号から付記用語での情報提供に...