ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

学びたい・知りたい

TOP > 学びたい・知りたい > 表示の知識(衣料品)改正後 > 裏からのアイロン掛けの表示について

公開日:2017.09. 6/更新日:2017.09. 7

裏からのアイロン掛けの表示について

表面からアイロンを掛けられない商品で、裏面からならアイロン掛けが出来る場合は、どのような表示が適切なのでしょうか?

原則①の表示を推奨します。

②は付記用語で「裏から」と表示していても表面をアイロン掛けする恐れがあるため、極力、①と表示することを推奨します。
※②の表示をしていても、不適正ではありませんが、あまり推奨はできません。
なお、③は裏から当てるアイロンの温度がわからないことから、不適正になります。

トップへ

関連記事

  • ● ポリフェニレンサルファイド繊維(PPS繊維)の
    表示方法について

    (記事一部抜粋)
      ポリフェニレンサルファイド繊維(PPS繊維)の表示方法は? 合成繊維の( )内には、繊維の名称を示す用語又は商標名の1種類に限られます。●繊維名を付記する場合合成繊維(ポリフェニレンサルファイド)●...
  • ● 洗濯処理①
    (記事一部抜粋)
     洗濯処理 ①アイテム別表示記号の範囲 ・ここに示したものは製品をイメージしているので、当然水洗い処理可能な綿・麻素材について部分にも〇を付けている。また「中性洗剤使用」は記号から付記用語での情報提供に...
  • ● 帽子の表示 について
    (記事一部抜粋)
      帽子は2018年4月1日より家庭用品品質表示法の対象品目となりますが、品質表示をつける場合どのように表示すれば良いでしょうか? 従来では「東京都消費生活条例」において表示を義務付けられており、東京都...