ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

学びたい・知りたい

TOP > 学びたい・知りたい > 表示の知識(衣料品)改正後 > 合成繊維の表示方法について

公開日:2017.12.22/更新日:2019.01. 9

合成繊維の表示方法について

指定用語にない繊維はどのように表示すれば良いでしょうか?


指定用語が決められていない 繊維は分類別に「植物繊維」「動物繊維」「再生繊維」「半合成繊維」 「合成繊維」「無機繊維」「分類外繊維」のいずれかの表示を行います。 但し、括弧内に用いることが出来る名称は、 繊維の名称を示す用語又は商標名の1種類に限られます。




トップへ

関連記事

  • ● 靴下口ゴム部に使われる糸ゴムの組成表示について
    (記事一部抜粋)
      靴下の口ゴム編み部分に使われている糸ゴムについて、組成表示は必要ですか? 糸ゴムは繊維とは解釈しないため、組成表示の必要性はありません。 靴下の口ゴム編み部分に糸ゴムを使用した組成表示については以下...
  • ● はっ水性の表示
    (記事一部抜粋)
     はっ水性の表示 1.はっ(撥)水性とは はっ水性とは、水をはじきやすい性質をいい、水を防ぐ耐水性とは異なる。 法律に基づき製品に表示することができる。(家庭用品品質表示法 繊維製品品質表示規程第2条、...
  • ● No.7 保管方法・加工
    (記事一部抜粋)
     注意表示の具体例 No.7 保管方法・加工 日に当たらない風通しの良い所で保管してください 保管はハンガー吊りを避けてください ハンガーに吊して保管してください 袋から出して保管してください 2種類以...