ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

学びたい・知りたい

TOP > 学びたい・知りたい > 表示の知識(衣料品)改正後 > 合成繊維の表示方法について

公開日:2017.12.22/更新日:2017.12.22

合成繊維の表示方法について

指定用語にない繊維はどのように表示すれば良いでしょうか?


指定用語が決められていない 繊維は分類別に「植物繊維」「動物繊維」「再生繊維」「半合成繊維」 「合成繊維」「無機繊維」「分類外繊維」のいずれかの表示を行います。 但し、括弧内に用いることが出来る名称は、 繊維の名称を示す用語又は商標名の1種類に限られます。




トップへ

関連記事

  • ● 混用率に関する特例と列記表示について
    (記事一部抜粋)
      下記のような組成の靴下について、「衣料品等の装飾、補強又は縁取り等特定部分の効用を増すため に、使用された糸又は生地であって、その組成繊維の全体に対する混用率が5%以下のものについては、組成繊維から...
  • ● 指定用語の文字 について
    (記事一部抜粋)
      繊維の組成が絹 100%の製品に対して、小文字による「silk 100%」という表示は正しいでしょうか? 「silk 100%」の表示は不適正ではありません。 〔解説〕繊維の種類「絹」に対する指定用...
  • ● ポリフェニレンサルファイド繊維(PPS繊維)の表示方法について
    (記事一部抜粋)
      ポリフェニレンサルファイド繊維(PPS繊維)の表示方法は? 合成繊維の( )内には、繊維の名称を示す用語又は商標名の1種類に限られます。 ...